2021年01月27日

足立2りんかん 車検 SUZUKI SKYWAVE400

足立2りんかん 車検担当者です

車検ご依頼いただいた車両を御紹介致します。
SUZUKI SKYWAVE400です

DSCN3140


エンジンのDOHC化やフロントホイールの14インチ化、フロントブレーキのダブルディスク化(但し400のみ。後年にはABSも追加搭載)などの基本性能の強化のほか、ビッグスクーター最大となる63Lのシート下トランクスペース、スズキ車として初搭載となるスマートキーシステムの搭載など利便性にも配慮されたモデルとなる。

2006年にモデルイヤーとしては2007年式(K7)としてフルモデルチェンジ。メーカーカスタム仕様である250タイプSが先行して発売されたが、その400cc版である400タイプSや、ロングスクリーン等を特徴とするスタンダード版の250/400、スダンダード版をベースにグリップヒーター・ナックルガード・シートヒーター等を装備した冬季仕様である250Limited/400Limitedが同年から翌年にかけて順次ラインナップに追加された。

2007年にタイプSをベースに電子制御CVTであるSECVTを搭載した、「タイプM」がラインナップに追加された。当初はノーマル/パワー/7MT(自動的にシフトアップを行なう「MTアシストモード」のオンオフ可能)の3モードであったが、2008年モデルからはノーマル/パワー/7AT/7ATパワー/7MTアシストの5モードとなった。

2008年には旧型ボディベースのまま生産・販売が継続されてきた、「スカイウェイブSS」がフルモデルチェンジされた。400ccモデルが廃止されたため、車名からは排気量を示す数字が削除された。また、同年には250タイプSをベースとしてスマートキーを廃止した廉価版である「タイプSベーシック」がラインナップに追加された。

細部の仕様変更やボディカラーの変更、ラインナップの整理などを繰り返しつつ10年以上にわたり継続販売されていたが、2017年9月、継続生産車への平成28年自動車排出ガス規制適用により、メーカーから生産終了が発表された。後継モデルはバーグマン400 ABSとなり、250ccモデルは消滅した。

最終的には、モデルライフ中に廃止となったグレードを含めると以下のバリエーションが存在する。(ウィキペディアより)

無題



















足立2りんかんでは車検の受付を随時行っております。

割引サービスも多数ご用意しております。

「早期予約割引」

「継続割引」

「新車割引」

さらに車検と同時なら洗車・コーティングメニューが30%OFFで御依頼頂けます。

なんとあのKeePerコーティングも
30%OFFで施工可能です



keeper



他にもさまざまな付帯サービスもご用意しております。

車検の事なら足立2りんかんにお気軽にご相談下さい。


↓↓↓全国の2りんかんの商品を足立2りんかんにお取り寄せすることができます。リストで気になる商品ございましたら、ぜひ足立2りんかんまでお問い合わせ下さい↓↓↓
kasutamu
top01
バイク保険は足立2りんかんにご相談ください


足立2りんかん
03-5845-1030


ds159 at 21:00足立2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事