2012年05月10日

南大沢2りんかん マニアック?なパーツ紹介

こんにちは♪



只今嵐の真っただ中の南大沢2りんかん(汗)

外では雷がゴロゴロと鳴っています

しかも竜巻注意報とか出ているらしいです・・・。



あ、どうも。変態2号ことスタッフ西澤です!


前回の純正グリップに引き続き、今回は少しばかりマニアックな裏技を紹介をしたいと思います。


今回のお題は「ねじ」です!


「ねじなんて、また地味な部品持ち出して〜。もっと面白いの出せよ〜」


と思った方も多いと思います。


しか〜し!


日本は世界一の「ねじ」を作る技術があったから世界一の工業国となれたのです!(キリッ)

それくらい、工業製品とねじとのかかわりは密接なのです。もちろんバイクも立派な工業製品♪


ちなみにワタクシねじ&ボルトマニアです(笑)


「ネジ」ではなく、公式には「ねじ」が正しい表記です!



さてさて。前置きが長くなってしまいましたが、皆さんはバイクに使うボルトやねじについて拘りのない方も
多いのではないでしょうか!?

「その辺のあまりのねじでい〜や」


とか


「ホームセンターのステンボルトで十分」


なんて事も多いと思います(泣)



お客さん!それじゃ〜せっかくの愛車のカスタムもカッコよさ半減ですよ!(汗)


純正部品のボルトには、深~く追求された「性能」があるんです!(キリッ)


材質や表面処理、ボルトの強度まで車両メーカーとボルトメーカーが協議を重ねた結果のスペックなんです。

(去年のモーターショーのねじ屋さんのブースで、色々と聞きまくってきました)


そんなわけで、何か追加で部品を取り付けする時やカスタムする際にホームセンターボルトでなく純正ボルトを使ってカスタムすると、更に完成度が上がりツウ好みの渋い仕様を作る事が可能です!



「そんな事言ったって、純正ボルトで欲しいボルトをピンポイントで見つけるなんて無理じゃないの??」


と、皆さん思うはずです。


ええ、そんなときの為にワタクシ調べて参りました!


ホンダ純正部品限定の技ですが、欲しいボルトを注文する技を!

まずはこれをご覧ください。
ボルトのPL


ホンダのパーツリストの1部です。

この28〜30番辺りがねじやボルトの部品番号です。


例えば、29番は93500-05008-0A となっています。

実はこの部品番号の並びが、そのままねじの形状を表しています!



先ず頭の5ケタ93500はパンスクリュ(ふつうのプラスねじ)を意味しています。


そして次の050は直径5mmのねじ(いわゆるM5)という意味です。


そしてお次の08は首下の長さ(ねじの長さ)を表しています。


そして最後の0Aはねじの表面処理(メッキの材質等)を表しています!


ちなみの今回の29番は93500-05008-0Aなので


M5で8mmの長さのプラスネジ ユニクロメッキという構成になっています。


ここから更に深くなります!ワタクシが自腹を切って部品を購入し突きとめた部品番号コレクションです!



まずは普通の6角頭のボルトです

92101050200A縦

長さ比較


6角ボルトの場合は頭の5ケタが92101になります。

ちなみに2枚目の写真では、全く同じボルトの20mmと25mmを比較してみました。

品番と長さの関係が良く分かると思います。

表面仕上げは共に0Aでユニクロメッキです。


続いて先ほどのパンスクリュです

93500050250A縦

93500050250A横


パンスクリュは93500です。


どんどん行きます。次はキャップボルトです

966000602200縦

黒とクロメート比較


キャップボルトは96600で、ここに来て色違いの登場です!

末尾の品番00はクロメートメッキ(亜鉛系のメッキで、鉄製ボルトの腐食防止に広く使われています)で、07は黒色クロメートメッキになります!

ボルトを黒くしたい人にはオススメです。

が、黒色クロメートは通常のクロメートよりもメッキの膜厚が薄めなので、耐久性ではクロメートに軍配が上がります。

お次はフランジボルト2種類です

ボルト頭比較


フランジボルトは2種類あり、通称スモールヘッドと言われるものとラージヘッドと言われるものがあります。

どちらもM6×20mmのボルトですが、95701はラージヘッドで頭が10mm。96001はスモールヘッドで頭が8mmになっています。


スモールヘッドとラージヘッドは締め付けトルクも違います。


そして最後にスペシャル登場!これの解明が一番手こずりました

メッキとクロメート比較

こちらのボルト2本はラージヘッドのフランジボルトのM6同士です(長さは自分が注文まちがえて違っていますがご愛嬌)

ですが!上は末番00でクロメートメッキ仕上げ、下の品番02はクロムメッキ仕上げです♪


メッキのボルトをお探しの方多いのではないでしょうか!?


愛車のよ〜く見ないとわからない部分が、さりげなくメッキ仕上げのボルトになっていたら渋くないですか!?
知る人ぞ知る純正流用チューンです(笑)



最後に、表面処理についておさらいです。


0Aはユニクロメッキ(白色クロメートともいい、青み掛った白が特徴。メッキ膜は薄め)

00はクロメートメッキ(ユニクロに対し、虹色掛った白が特徴。メッキ膜は厚く耐久性は○)

07は黒色クロメート(名前の通り黒色、メッキ膜厚はユニクロより薄め)

02はクロムメッキ

となっていますが、すべてのボルトに対して全部の表面処理が存在するわけでは無さそうなので、もしもお求めの場合は一度ご相談ください。

また、長さに関しても純正部品という性格上すべてがそろっている訳では無さそうなので、こちらもご相談ください。近い長さのボルトなどお探しいたします。



今回も勢い余って長くなってしまいました

でも、たまにはこんな裏技的なのもいかがでしょうか?

壁|ω・)チラリ



愛車のねじにもたまには目を向けてみてください!


きっと、気が付くポイントが出てくるはずです!


カスタムはこんなところで差がつきますよ♪











か○うさんのXRがホームセンターのボルト多数使用なのはここだけの話ですよ〜

壁|ササッ




ds158 at 16:32南大沢2りんかん  
記事検索
最新記事