2014年06月27日

和光2りんかん パワーチェックレポート─。藤達辧TMR等のセッティング指南編

4ストより2ストの煙が好き 断然好き

和光店 パワーチェック担当かのうです



パワーチェック
 レポート過去未来記事


   タップ or クリックすると展開します
-------------------------------------------
【パワーチェックレポート】

レポート1 V−MAX RZV500
レポート2 TZR250 FCR装着車
レポート3 T−MAX560【ボアアップ】
レポート4 バケモノハーレー
レポート5 VJ23A ガンマ
レポート6 ドラッグマシン ハヤブサ
レポート7 フルノーマル車
レポート8 FCR&TMRのセッティング指南
レポート9 PCX170 Fiセッティング
レポート10 GROM キャブレター化!!
レポート11 MT09 フルノーマル車
レポート12 YZF−R25 馬力のウワサ
レポート13 PCX Fiセッティング 2台
レポート14 シグナスX Fiセッティング
【番 外 編】 スミマセン 無免許でした・・・
レポート15 1400GTR T−REVαシステム
レポート16 MT09 ワイバンマフラーの実力
レポート17 60馬力ダウン!2015 GSX-R1000
レポート18 H2 スーパーチャージャー!凄凄!
レポート19 TZR250【1KT】フルチューン
レポート20 2015 新型YZF−R1!
レポート21 世界最強バイク H2R!
レポート22 超高級車! DUCATI 1199 PANIGALE
レポート23 異次元のNSR250R その1
レポート24 異次元のNSR250R その2
レポート25 YZF-R25 AKRAPOVIC スリップオンマフラーの実力
レポート26 PCX Fiセッティング 3台
レポート27 YZF−R25 vs YZF−R3
レポート28 V−MAX1700ドラッグ
レポート29 希少車! KTM RC8
レポート30 MT10 国内にまだ数台!
レポート31 異次元のNSR250R その3
レポート32 当店過去最高馬力!V−MAX1700ターボ!
レポート33 2017 新型CBR250RR!!
レポート34 NR750【国内】チューン車!
レポート35 RVF750【RC45】V4-750ccサウンド!!
レポート36 RVF750【RC45】フルパワー化成功!!
レポート37 DUCATI 900MHR 超カスタム車
レポート38 2017 新型CBR1000RR-SP!
レポート39 2017 新型CBR250RR国内仕様!
レポート40 2017 新型GSX−R1000 + ECUチューン
レポート41 RVF750【RC45】フルパワー車!!その2
レポート42 当店最高馬力!最強のSR400
レポート43 CBR250RR ECUチューン!
レポート44 PCX170 Fiセッテイング
レポート45 CBR1000RR & GSX-S1000F ECUチューン!
レポート46 RVF750【RC45】(改)逆車フルノーマル
レポート47 馬力を計るだけじゃないんです!!!!
レポート48 2014 CB1300SB [SC54] ECUチューン!
レポート49 激変!2013〜 ZX-6R [ZX636R] ECUチューン!
レポート50 GSX1300R ハヤブサ[国内仕様]ECUチューン!
レポート51 激ヤバ!V-MAX1700[国内仕様] ECUチューン!
レポート52 2スト インジェクション!TE250i!
レポート53 MONKEY125 フルノーマル!
レポート54 900万円!1299 SUPER LEGGERA!!!!!
レポート55 250ccナンバー!超高性能電動バイク!
レポート56 2018 NINJA400 BEETフルエキ!

※ クリック or タップすると過去記事に飛べます
-------------------------------------------

※2019 6月リストのみ更新




パワーチェックのご依頼をいただく中で
ご質問が多い【空燃比】の話をメインに
して今回は書こうと思います

ワタクシはライトな記事を書きたくないと
前から豪語しているので今回もヘビーです

すごーーーーーく 長いので興味の
無い方はスルーして頂いた方が・・・


様々な車種、チューンの度合いや
キャブレター車 or Fi車の違い や
走る場所(公道 サーキット)などなど

色々なバイクがいらっしゃいます


良く 空燃比の説明をさせて頂く中で
頻繁にお客様から・・・・・


【14.7:1】

が一番パワーが出るんですよね?


と  結構言われてしまいます


インターネットなどで軽く調べてしまうと
そんな情報も出てきちゃいます
      ウィキなんとか的な所とかで・・・・・


もちろん正解ではありません


【14.7(空気) : 1(燃料)】
の空燃比 (空気と燃料の割合) は
混合気が計算上完全燃焼するであろう
理論上の割合、数値になります

圧縮比 燃焼室の形状、エンジン温度
気候(気圧) 湿度 気温 ・・・・etc 

どれ一つ変わってもエンジンが要求
する燃料が変わってくるので

●●●だから14.7 XXXだから13
なんて事はないんです

冷間時 エンジンかける時の要求
空燃比は5:1なんて時もあるし

理想空燃比でセッティングしても
パワーなんか出やしません

パワー空燃比とのネットではウワサの
【12.5】が一番パワーが出たバイク
なんてほとんど出会った事がありません

バイクによってもエンジンの仕様に
よっても どの空燃比が一番いいか
なんて やってみないとわからない

ちなみにCBR1000RRでHRCの
推奨空燃比は全開時【12.9】です

燃焼室の形状、点火時期 圧縮比等・・
CBRはほぼレーシングエンジンなので
濃いガソリン(空燃比)でも燃焼できる
と  言うことです


皆様 数字に惑わされないで下さい





今回レポートさせていただくのは!



2014-06-14_12-42-00
ゼファー1100 フルチューン車!
他ショップさんでセッティングを出し
それがどれだけ正確なのかという
事で今回ご依頼を頂きました


2014-06-14_12-21-49
足廻りも素敵なパーツが一杯!本業?は
チューニング担当なので細かい所まで
見てしまいます

2014-06-14_12-22-11
TMR38 キャブレター!セッティングは
難しいのですが決まればFCRよりパワーが
出る!らしいが・・・検証できません

2014-06-14_12-22-44
オーニシヒートマジックのフルエキマフラー
フェラーリも手掛けるオーニシのこだわり
抜いたマフラーです





2014-06-14_12-23-11
計測開始です




でっ!





DS042
今回のパワーとトルクはこちらのグラフ
グラフの掲載OKを頂きました!
ありがとうございます


ゼファー1100のカタログスペックは
【93馬力】になりますので・・・


実に良い結果です



さて本題の【空燃比】のお話 です




2014-06-14_12-29-22
空燃比測定は排気ガスの残留酸素濃度を
専用の空燃比センサーで計ります


2014-06-22_11-52-08
計測に使うセンサーはもちろんO2センサー
ですが【ワイドバンドセンサー】という
ちょっと高級な、超精密センサーを
使用します

電気を流し自ら発熱するセンサーで超濃い
空燃比から超薄い領域まで幅広く しかも
正確に測る事ができる【本物】センサー



2014-06-14_12-16-07
リアルタイムで空燃比が表示されます

エンジン暖機後のアイドリングで
13付近はちょっと濃いです。。。

単気筒とかハーレーとかだったら一部有り
ですがこのクラスのバイクはもうちょっと
薄めでいいと思います


DS043
今回の計測結果です

4ストロークで空燃比計測オプションを
付けて頂くとこのグラフを印刷しお渡し
ができます

2ストは空燃比測定ができません

【どの回転数でどの空燃比か】というのが
グラフで一目でわかるのでセッティングに
お困りの方は非常に重宝するグラフ

こちらのゼファーのセッティングですが
実に腕のいいショップさんですね

キャブ車で空燃比がここまで安定して
いるのは珍しいです しかもTMRで
    ほんとにほんとにほんとに珍しいです!
でもちょっと濃い目です

DS043-1
グラフの右側の縦軸が空燃比です




DS043-2
丸で囲っているゾーンは低回転域でアクセル
開度が大きいのと開け始めの空燃比を拾って
いる事があるので【無視】でかまいません

回転が上がるにつれて流速が高まっていく
ので安定していきます安定するまでの領域は
波形が乱れてしまう場合があります



セッティングが煮詰まってない例です


DS044



こちらも低回転で波形が乱れてますが
あまりにも点火する空燃比から離れて
しまっており半ストールしてる状態です

パワーのグラフも途中落ちており失火
した様子がグラフに出ております

それぞれ別のバイクですがキャブが同じ
だったので比較対象にしました

ブルーのは後期型で元々パワーがない
ので比較になりませんが


これをみると上記のTMRのセッティング
がいかに煮詰まっているかわかります

キャブレターのセッティングは
●スロージェット
●エアスクリュー(パイロットスクリュー)
●ジェットニードル&ニードルジェット
●メインジェット
●メインエアジェット


それぞれのパーツが役割を持っている
のでどれか一つがずれていてもそれが
邪魔をしてバランスを崩してしまいます

メインジェットを変えればニードルの
領域にも作用しますので一つ一つ
完璧にしていけばいいわけでなく
全部のバランスを考えながら調整
セッティングをしなければなりません

ジェットニードルには胴直径やテーパー角
テーパーの立ち上がり位置等の様々な
要素があるのでセッティングで一番ハマる
のがジェットニードルです

今回のゼファー1100は『濃い』という
お話をしましたがTMRやFCR等の大径
キャブレターを装着するとスロットルを
全開にできる回転数が上がります

ノーマルでしたら超低回転からアクセルを
全開にしても回転がちゃんとついてきますが
今回のゼファーはアクセルを全開にできる
ポイントは5000回転でした

もし空燃比を最適に合わせればツキも
良くなるでしょうし燃費も上がるかも
しれません・・・

でもニードルをちょっとだけ濃い目に
ふればアクセルを全開にしたときに
ストールする現象を抑えられます

最適な空燃比にした場合 ひょっとしたら
アクセルを全開にできるポイントが上がり
6000回転になってしまうかもしれません

ちょっと濃い目にふる事で乗りやすくなる
そういうセッティング方もあります

TMRやFCR装着車は大抵 ストールを
消すために濃い目濃い目にセッティングを
されてくるのでニードル域メインジェット域
全て濃くなってしまっているお客様が
ひじょーーーーーーに(非常に)多い

このニードルはほどほど濃くメイン領域
はベストな空燃比に持っていくのが
TMR&FCRの【街乗り】セッティングの
オススメです

キッチリ完璧に空燃比の数値を理論値へ
持って行く必要はありません

乗ってみてやってみてフィーリングで
結構ですので色々試してみて下さい

路頭に迷ったら現在濃いのか薄いのか
スタートラインを知る上でパワーチェック
されるのもいいと思います

ダイノマシン上だけでなく実走行も大事
なので実走行と数値(グラフ)を見ながら
セッティングをすると【ベストセッティング】
への近道になると思います

ちなみにフューエルインジェクション車は
【回転数】 x 【アクセル開度】 での
噴射量をインジェクションコントローラー
等でマップを作らなくてはいけません

当店ではキャブ車のセッティングは行って
おりません Fi車も一部限定で始めては
おりますがまだほんの一部です

キャブセッティングもFiセッティングも
経験値はありますのでアドバイス可能です

MAPの作成のアドバイスもできますし
インジェクションコントローラーの
ご案内もできますのでお尋ね下さい

濃くて ヘビーな内容でしたが
ちょっとでも 参考になればうれしいです

長々ブログ読んで頂きありがとうございました

ds258 at 22:18和光2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事