2016年05月15日

甲府2りんかん グロムオイル交換 作業編

こんにちは甲府2りんかん鶴田です
休みを利用して御殿場に遊びに行きましたが途中の峠が
霧が濃く非常に怖い思いをしました

IMG_0297


写真だと先が見えているのですが、実際は5メートル先も
見えない状況でした
皆さんも峠道の濃霧には気を付けてください。

さて、今回の本題ですが、予定では自宅でオイル交換を
やる予定でしたが事情があり出来なくなってしまったの
で当店のピットで行いました〜

まず今回使用したオイルですが、レプソルモト4Tシンセテ
ィックを使用しました。純正指定のオイル粘度は10W30
ですが、夏の暑さを見越して10W40の少し固いオイルを
選択してみました。
余談ではありますが、ウルトラシリーズ同様レプソルのオ
イルもホンダの純正オイルに指定されています。

IMG_0293



このオイルにはふたを開けると↓こんな感じののノズルと

IMG_0292


オイルゲージが側面に付いておりジョッキを使わなくても
オイルを適量注げる便利仕様になっています

IMG_0290


オイルをまずは車体の下に受けを置いて抜きます。
メンテナンススタンドを使用し車体を垂直に起こした状
態で作業を行いましょう。
ドレインボルトを舐めないようにモンキーレンチやスパナ
―等ではなくメガネレンチを使った方がよいです。

IMG_0283


抜いたオイルです。
オイルを抜く前は5分程度暖気をさせるとオイルがやわ
らかくなります。
新車購入から1000キロ近く走ったので、かなり汚れて
います。

オイルを抜いたらドレインボルトをしめなおします。
グロムの純正ドレインの締め付けトルクは24N-mです。

IMG_0288


ドレインボルトを締めこむときはトルクレンチを使用すると
しっかりと適正の力でボルトを締めこめます
ボルトの締め付けが弱いとボルトが脱落しオイルによるリ
ヤタイヤのスリップ、締め付けが強すぎるとエンジンにダ
メージを与えてしまう恐れがあるので、十分に気を付けて
作業をしてください。

IMG_0289


車体とドレインボルトの間に挟まっているワッシャーも交換
を忘れてしまうと、オイル漏れの原因になりますので注意
です

最後に新しいオイルを注ぎます。
グロムのオイル量は0.9Lですが、フィラーキャップの先端に
オイルゲージが付いているのでそれを見ながら微調整をして
いきます。
IMG_0285


フィラーキャップの根元に白くなったオイルが付いていますが
これはオイルの乳化といい水分と油が混ざった時に起きる現
象です。この状態になってしまうとオイルの正常な機能を果た
せなくなってしまいます。グロムは比較的オイルが乳化しやす
いので、普段乗り出す前によく暖気をして水分を飛ばしてあげ
ると、乳化を少し軽減できます。

あとは軽く暖気をしてオイルの量をオイルゲージで確認し適量
であれば作業完了です

オイルはバイクの血液のようなものです。定期的な交換がエン
ジン寿命を伸ばします

以上、鶴田でした

ds301 at 20:00甲府2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事