2017年09月19日

和光2りんかん 2017 新型GSX-R1000!!! リミッターカット後の馬力公開!!! 完全新型エンジン【和光】

和光2りんかん チューニングパーツ担当
 & パワーチェック担当 の かのう です


ヤングマシン誌やFACEBOOKをご覧に
なった方もいらっしゃると思います


2017 新型

GSX-R1000



パワーチェックレポートです


ヤングマシンFACEBOOKではワタクシが
オートギアシフター & オートブリッパーを
堪能してハァハァ楽しみまくっている秘密の
【官能タイム】が世間にさらされちゃいました
        撮っているの知らなかった・・・(笑)




CBR1000RR
YZF−R1
ZX10R




現行型も含め何台も計測してきておりますが
それらと比べ 2017 GSX−R1000・・・・・

1歩前に出たのでは

という印象です


今回リミッター解除のみを施したフルノーマル車
の計測ですがマフラーが純正でFiセッティングも
していないフルノーマル車でこのポテンシャルは
末恐ろしいです

その理由はグラフで後ほど紹介します


あくまでダイノマシン【シャシーダイナモ】上での
話ですのでサーキットや実走行ではまた話が
変わるかもしれませんが


今回のマシンはいつもお世話になっている
MSLさんの車両

そして今回ヤングマシンさんの取材が
同時で入りました

いつもMSL車両のテストは当店が担当させて
頂いているのでヤングマシンと言えばブルー
ライトニングレーシングが毎回テストを担当して
おりますがMSLさん所有の車両とあって今回
だけは当店がやらさせて頂きます



2017 GSXR1000R 010
2017 GSXR1000R 011
ダイノマシン搭載完了



2017 GSXR1000R 009
スタイルだけ見るといつものGSX−Rか・・・・
と大きな変貌は無く現行YZF−R1の時の様に
『うわーーーー!』というフルモデルチェンジ
した!というインパクトはありませんが


だが しかし!!

この最新型GSX−R1000中身は別物に
なっております

GSX−R史上 最もハイパワーで高トルク
更なる電子制御化で走りも最強になった最新型

ライバル車に先を行かれていた感が否めません
でしたがこれで勢力図が変わったのでしょうか




2017 GSXR1000R 008
ちょっとおおおぉぉぉ SUZUKIさん

こんなに純正ステップをカッコ良くされた日には
社外ステップが売れないじゃないですか~





2017 GSXR1000R 007
2017 GSXR1000R 018
先代のスタイルを大きく崩さずパッと見で
GSX−Rと分かる外観

後に登場する動画を見て頂ければわかりますが
アイドリングから軽く吹かした排気音・・・・
カッコ良く言うとエキゾーストノートが
超超超カッコ良いです

ノーマルマフラーとは思えない力強い低音


あっ!余談ですが【新品タイヤ】の写真が混じって
おりますが完全な総走行ゼロKmの新車

新車慣らしと初期のデータ取りでパワーチェック
した日に撮った写真です

丁寧に新車のエンジン慣らしをやらせて頂き
ました  結構大変なんですけどね・・・



その他の写真はヤングマシン誌がサーキットで
走行テストに使う前日にリミッターカットができて
いるか 空燃比に異常はないかという検査と
雑誌用のパワーグラフを取る為にヤングマシン
さんが取材にいらした時の写真です

貴重なバイクのお手伝いができる事が光栄です


しつこい様ですが所有はMSLさんのバイクです




2017 GSXR1000R 002
どうでしょう?このスリムさ

GSX−Rシリーズはテールカウルが左右に広い
デザインが多かったですがこんなにスリムに




2017 GSXR1000R 022
2017 GSXR1000R 021
サイドから見ると先代と大きく変わった部分が
目立って見えないですが


大きくデザインを変えてインパクトを出すのも
大事ですが今までのスタイリングを崩さない
と言うのも大事ですね

クルマなんてこんなの●●●●じゃない!!
という全く別デザインになる車両も
多いですから

バイクも難しいですね

自分的には今回のGSX-R1000 エンジンも
足回りも激変しているのでスタイリングも
これ本当にGSX-R???と思う位変わって
インパクトが欲しかった感もあります





2017 GSXR1000R 006
この完全新設計のエンジンがまた凄い



可変バルブタイミング



珍しい言葉では無いですが今回のGSX−Rに
新採用されたメカニズム

高回転域でインテーク側のバルブタイミングを
遅らせて高回転に合わせたバルブタイミングに
可変させる事で高回転のハイパワーを実現
しております

元々のバルブタイミングを低・中回転が得意な
タイミングに設定できるので低・中回転のトルク
アップにも貢献しているのだと勝手に推測します

その他クランクケースやコンロッドやピストン
シリンダーも刷新ピストンリングですら
新型を投入しているんです


プラス インテークやエキゾーストも最新技術を
フル投入してライバル車を圧倒しようと
フルモデルチェンジしたGSX−R



最新の技術をフル投入した

NEW GSX-R1000

これはダイノマシンに載せパワーチェックをするのに
ワクワクしない訳がありませんね



2017 GSXR1000R 003
メーターも多機能表示R1や新型CBRほど
おぉ!ってなるメーターではありませんがメーターが
フルカラー液晶で価格が大きく上がる位なら
我慢が出来ると思います

決して安くはありませんがスタンダードモデルは
200万を大幅に切っておりますから

この装備でこの価格は凄いと思います




このマシンは上級グレードの

【R】


動画で説明しますが【オートブリッパー】や
上級サスペンション 最適な発進加速を
自動で制御する【ローンチコントロール】を
装備しております

チューニングパーツ担当なので思ってしまいますが
スタンダードとRの価格差は30万円なんです

超高性能のフロントフォークだけでいくらするか・・・

リヤショックだって上級グレード・・・

ローンチコントロールはそんなに使用しないと
してもクイックシフター【オートシフター】は
絶対に欲しい装備

オートシフターのセンサー単体でさえ数万・・・


オートシフターは初物ではありませんが注目
すべきは【オートブリッパー】

国内市販車初

まじまじまじまじこれ良いです

クラッチレバーを一切触らずシフトダウンが
できてしまう超ハイテクシステム

パワーチェック担当 何台か社外品で付いている
バイクに乗った事がありますがSUZUKI純正装着の
オートブリッパー素晴らしすぎます

アクセルを閉じたままシフトペダルを踏むと僅かに
エンジンの回転が自動で上がり1段下のギヤに
大したショックもなくスコっっと入るんです

吹かす【ブリッピング】のを自動【オート】でやるので
【オートブリッパー】ですね

オートブリッパーの気持ち良さは動画で伝わるかと

多少乱雑にシフトダウンをしてもフォンフォンと
勝手にアクセルを僅かに吹かしてくれます

SUZUKI純正が完璧なのは回転数と今何速に
入っているかとかギヤ比の計算でどの回転数まで
吹かすかを演算してブリッピングしているのだと
思います (知らないですが

買うなら毎月のローンの金額が増えても
絶対に【R】グレードですね




2017 GSXR1000R 012
2017 GSXR1000R 004
足回りも・・・と説明したい所ですが今回も
長くなって来ているので割愛したいと思います

スタンダードはBPFフォーク 【R】はBFFフォーク
BFFはバランスフ・・・・




2017 GSXR1000R 005
最新のバイクをパワーチェックする時に
毎回困るのがスイッチ類

BMWにしろDUCATIにしろH2とかR1とか
DIAVELとか新型CBR・・・・

走行モード切り替えをしないとパワーチェックが
できませんしトラクションコントロールをOFFに
しないと計測ができないので毎回 四苦八苦

最近のTFT液晶メーターはスマホの様にメニュー
画面が階層であるので設定を変える為に
理解するのに時間がかかります



さてさて動画です

画質が悪い場合は設定を1080pにして下さい








195.6hp




PSに変換すると

198.3ps !!!



いかがでしょうか???



カタログ値近くでる1000ccスーパースポーツが
なかなか無い中 前回の新型CBR1000RRも
そうですがしっかりしっかり出ております

そこが驚異的です





20170916120151_00001
フルノーマル車をリミッターカットしただけの
車両が200馬力近いパワーをシャシダイ上で
出しちゃいました

社外マフラーとそれに合わせたECUセッティングや
Fiセッティングを組み合わせたら無敵な気がしますが




20170916120119_00001
フルノーマルをリミッターカットした
2015 YZF−R1との比較です

ノーマル車同士ですが高回転でなんとか
ピークパワーが出ているYZF−R1に対して
新型GSX−R1000は余力があります

まだまだポテンシャルを持っていそうなエンジン

サーキットで早すぎるとウワサのBMWの
S1000RRですが国産勢が苦戦している中
果たして新型GSX−R1000はどこまで
戦えるのでしょうか

パワーカーブも理想的で谷も無く伸びきりも
良いのでハイパワーながら乗りやすさも
両立していて馬力だけでなく戦闘力が
とても高そうです





GSX-R1000-15VS17
先代のGSX-R1000との比較です

先代車はECUの書き換えとフルエキマフラー
セッティングしてある車両なのに馬力差は
歴然です


ちょっとずつパワーアップしてきたGSX−R
シリーズですが大きくジャンプアップしました

ピークパワーだけでなくしっかり中間のパワーも
出ているのが最大のポイントです






2017 GSXR1000R 014
秘密のテストは夜やってました

2017 GSXR1000R 015
2017 GSXR1000R 016
新型CBR1000RRのデータも随分集まって来ました

YZF−R1のデータもタップリありますが それらの
データを見ても新型GSX−R1000がリード

勢力図は変わりましたね


サーキットではどの様になるのでしょうか


CBR1000 YZF− R1 ZX10R・・・

そしてS1000RRも含めライバル対決は
まだまだ続きそうですね

全国でいち早く新型の馬力を計測できるのも
ちょっとワタクシ幸せな気分です



次は・・・ どんなバイクが登場するでしょうか



楽しみにしていて下さい



実はブログ溜まりまくっております





パワーチェック
 レポート過去未来記事


   タップ or クリックすると展開します
-------------------------------------------
【パワーチェックレポート】

レポート1 V−MAX RZV500
レポート2 TZR250 FCR装着車
レポート3 T−MAX560【ボアアップ】
レポート4 バケモノハーレー
レポート5 VJ23A ガンマ
レポート6 ドラッグマシン ハヤブサ
レポート7 フルノーマル車
レポート8 FCR&TMRのセッティング指南
レポート9 PCX170 Fiセッティング
レポート10 GROM キャブレター化!!
レポート11 MT09 フルノーマル車
レポート12 YZF−R25 馬力のウワサ
レポート13 PCX Fiセッティング 2台
レポート14 シグナスX Fiセッティング
【番 外 編】 スミマセン 無免許でした・・・
レポート15 1400GTR T−REVαシステム
レポート16 MT09 ワイバンマフラーの実力
レポート17 60馬力ダウン!2015 GSX-R1000
レポート18 H2 スーパーチャージャー!凄凄!
レポート19 TZR250【1KT】フルチューン
レポート20 2015 新型YZF−R1!
レポート21 世界最強バイク H2R!
レポート22 超高級車! DUCATI 1199 PANIGALE
レポート23 異次元のNSR250R その1
レポート24 異次元のNSR250R その2
レポート25 YZF-R25 AKRAPOVIC スリップオンマフラーの実力
レポート26 PCX Fiセッティング 3台
レポート27 YZF−R25 vs YZF−R3
レポート28 V−MAX1700ドラッグ
レポート29 希少車! KTM RC8
レポート30 MT10 国内にまだ数台!
レポート31 異次元のNSR250R その3
レポート32 当店過去最高馬力!V−MAX1700ターボ!
レポート33 2017 新型CBR250RR!!
レポート34 NR750【国内】チューン車!
レポート35 RVF750【RC45】V4-750ccサウンド!!
レポート36 RVF750【RC45】フルパワー化成功!!
レポート37 DUCATI 900MHR 超カスタム車
レポート38 2017 新型CBR1000RR-SP!
レポート39 2017 新型CBR250RR国内仕様!
レポート40 2017 新型GSX−R1000 + ECUチューン
レポート41 RVF750【RC45】フルパワー車!!その2
レポート42 当店最高馬力!最強のSR400
レポート43 CBR250RR ECUチューン!
レポート44 PCX170 Fiセッテイング
レポート45 CBR1000RR & GSX-S1000F ECUチューン!
レポート46 RVF750【RC45】(改)逆車フルノーマル
レポート47 馬力を計るだけじゃないんです!!!!
レポート48 2014 CB1300SB [SC54] ECUチューン!
レポート49 激変!2013〜 ZX-6R [ZX636R] ECUチューン!
レポート50 GSX1300R ハヤブサ[国内仕様]ECUチューン!
レポート51 激ヤバ!V-MAX1700[国内仕様] ECUチューン!
レポート52 2スト インジェクション!TE250i!
レポート53 MONKEY125 フルノーマル!
レポート54 900万円!1299 SUPER LEGGERA!!!!!
レポート55 250ccナンバー!超高性能電動バイク!
レポート56 2018 NINJA400 BEETフルエキ!
レポート57 筑波サーキット本物レーサー RG500ガンマ!

※ クリック or タップすると過去記事に飛べます
-------------------------------------------

※2019 6月リストのみ更新


http://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/6/8/68a9119f.gif

【和光2りんかん】
     埼玉県和光市下新倉5−11−1
         TEL 048−452−6290


ds258 at 16:28和光2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事