2017年11月15日

和光2りんかん NSR250R 乾式クラッチ専用ギヤオイル まとめ & 質問集【和光】

和光2りんかん チューニングパーツ担当
 & パワーチェック担当 の かのう です


NSR250R SE&SP専用

乾式クラッチ専用ギヤオイル

NSR専用和光2りんかん新商品6


最後

【まとめ】&【質問集】です


あの車種に使えるとか馬力が上がったとか
レースで成果が出たとか中身が変わったとか
追加でラインナップが増えた等・・・・・・

何かプラス情報が無い限りは ギヤオイルの
ブログは恐らく今回が最後になると思います


過去ブログ リンク

パート1【商品発表編】
どうして低粘度がNSR250R乾式クラッチ車に
効くのかNSR250R実車の写真での説明 と
どうして【最強がオイル】が作れたのかという
トリックを説明しております

パート2【テストレポート編】
どんなテストをしてオイルの仕様を決めて
行ったのか 温度によってどう変わるのか
説明しております

パート3【オイル内容詳細編】
2タイプのギヤオイルの説明を
細かく細かく細かくダラダラと長ったらしく
説明をしております

パート4【オールシーズン対応へ】
全季節 フルテスト終了!過酷なテストに
耐えたので【TYPE−L】がオールシーズン
対応になりました

『大したテストしてないんでしょ?』 と
懐疑的な人はぜひお読みください

パート5【ミッション検証!!!】
世界にないオイルの為 テスト後
ミッションの状態がどうなっているのか
外して徹底検証致しました



まだお読み出ない方は上記リンクより
飛んで頂ければ

※フルテスト後 最初の方に書いたブログの
 内容を一部 変更・追記をしております





粘度が違う2タイプのオイル

細かい細かい説明どう優れているのか
何が凄いのかどう変わるのかどういう
テストをして生まれたのかは上記リンク
から飛んで頂くとしまして


『どっちを選んだら良いか』という説明を
簡単に簡単に?書こうと思います



NSR250R【乾式クラッチ車専用】と限定した
ため 世界にかつてないミッションオイル

【他のオイルとは違う所】
-------------------------------------------
●NSR250Rのみでテストし開発したオイル
●乾式クラッチだから成し得る最高の潤滑性
●乾式クラッチだから成し得る最高の耐極圧性
●NSR250Rで実際に走行し 粘度を設定
●日本全国 オールシーズン対応(両タイプ)
●レース用と違い入れっぱなしOK 結露対応
●街乗り から レースまで幅広く対応したオイル
●完全国内生産 【広島高潤・HIROKO製】
-------------------------------------------


簡単に言えばNSR250Rの乾式クラッチ車限定と
した為 世界中どこのオイルメーカーを探しても
存在しない究極のギヤオイル(ミッションオイル)

        と言う事でございます


【最高の潤滑】と【最高の耐極圧性能】というのは
変わりませんがコンセプトが違う2種類のオイルを
作りました

大きく違うのは粘度です

粘度によって添加剤のバランスもそれぞれの
オイルで違います粘度だけではありません



ひとつめ!

NSR250R 乾式クラッチ専用オイル TYPE-H

TYPE-H 【PROTECTION】

HIGH-PROTECTIONの【H】です


TYPE-H 01

【耐久性重視】

【保護性能重視】

【TYPE-H】は市販ギヤオイルの中では僅かに
低粘度です ウルトラU(エンジンオイル)並の
粘度に合わせました

ウルトラ-U粘度特性のままに超潤滑性と
耐極圧性をオーバースペックであろう位に
高めて高めまくったのが【TYPE-H】

ウルトラUより粘度を下げましたが40度以上
行かないとシフトフィールは普通

普通と言っても今現在適していないギヤ
オイルを入れている方やエンジンオイルを
ギヤオイルとして使っている方はシフトが
滑らかになるのが体感できると思いますし
【TYPE-H】を入れて頂いている方からは
好評を頂いております

【TYPE-L】と比べれば・・・というお話です

気温20度で15分位走行すれば油温が40度位に
なりますのでたいした暖機時間ではありませんが
乗ってエンジン始動しギヤを入れた瞬間の感動は
【TYPE-L】ほどありません

しかしながらしつこく書くように最高の潤滑と
耐極圧を持っているのでミッションパーツの
保護性能は他には無い最高のオイルです

超低粘度に不信感がある方や おとなしく
乗る方ちょっとでもミッションの
パーツを長持ちさせたい方は迷わず!!
【TYPE-H】を選んでください

超低粘度ではありませんが高くもないので
冷間時の【ニュートラル→1速→ニュートラル】も
他オイルと比べて良いと感じる方が多いと

最高の潤滑と最高の耐極圧性がNSR250Rの
ミッションパーツの寿命を引き上げます

超!オーバースペックオイルだと思います



ふたつめ!

NSR250R 乾式クラッチ専用オイル TYPE-L

TYPE-L 【FRICTION】

LO-FRICTIONの【L】です

自分は多分このオイルしか使わないと思います
今までに経験したことのないシフトフィールが
冷間時から暖機終了後も安定して続きます

もう 手放せないお気に入りのオイルです

真夏の猛暑日のテストも終了しシフトフィールも
高温になっても変わらず そして過酷走行テスト
にも耐えたのでオールシーズン対応としました

自分のNSR250Rは67馬力仕様なので
その馬力の中 高温&高荷重に長期間耐えられ
ミッションのダメージは皆無でしたので!
超!低粘度だから【?】は無くなりました

不安な方は上記リンクぁイ鮓てください

外気温が0度でもギヤオイルの油温が0度でも
体感したことの無いシフトフィールになります

温度の低いギヤオイルの抵抗って 意外と
高かった事が走行して分かると思います

分かる方はバイクを押したり引いたりする
だけで違いが分かるかもしれません

もともとNSR250R乾式クラッチ車は油温が
上がらないバイクだった為 高粘度なオイル
なんて必要なかったんです

冷間時の【ニュートラル→1速→ニュートラル】も
びっくりする位良いですエンジン始動直後
走り始めの瞬間に気付くと思います

超低粘度の為 攪拌抵抗も格段に低いんです

特にベアリングに効いています

NSR250R 【乾式クラッチ車】専用!

乾式クラッチのNSR250Rだからこそ
使用できる超特殊ギヤオイルなんです


超!超!低粘度ギヤオイル・ミッションオイル

世界のどこにもありません

膨大なレシピ数を持っている広島高潤さんも
そんな極端なオイル作ったことが無いらしく
製作するのに頭を悩ませたそうです

油温が上がらない話とシフトフィールの話
様々なテストデータから生まれたオイルです

粘度が高い方が保護性能が高いことは間違い
ありませんが そもそもNSRの純正指定は
最低グレードのエンジンオイル

ギヤオイルではありません

でも多分最低グレードのオイルでも充分機能
するのだと思います

水が侵入してドロドロのコーヒー牛乳みたいに
なろうと2ストオイルが混入してサラサラに
なろうともミッションがやられたなんて話
あまり聞いた事がありません

なのでオーバースペックのギヤオイルが
ベースであれば超!低粘度でも大丈夫で
あろうと踏んでチャレンジしたギヤオイルが
この超!低粘度バージョン【TYPE-L】

真夏のフルテストにも耐えたのでNSR史上
最高のギヤオイルが製作できたと思います

今までありえなかった最高のシフトフィールと
冷間時でも暖機がほぼ不要 そして気温が
0度でも『スコンっ』とニュートラルに
入る異次元の超低粘度ギヤオイル

ギヤオイルの温度が上がらないNSRは
冷間時や粘度の高いオイルを入れると
ギヤオイルのオイルポンプもオイルの
粘度が高すぎて循環が悪いのではないか
とも考えています



気になる点があるとすれば粘度が高いオイルと
比べてシフトチェンジ時のショック(音)が
気になるかもしれません

自分は大して気になりませんが気になる方は
いらっしゃると思います

ショックを受け止める油膜が薄いからです

でも最新のバイクはもっと変速ショックが
大きいのでそれと比べたら全然気になる
レベルでは思います

超サラサラで油膜も薄いですが テストは
もう終了しましたので自信を持って真夏でも
オススメして行こうと思います



図にすると こうなります

ギヤオイル比較表






【TYPE-H】も【TYPE-L】もエステルベースの
100%化学合成油しかもエステルの中でも
評価の高い広島高潤・HIROKO製

鉱物油とは比較にならない100%化学合成油の
ギヤオイルで広島高潤さんチューンによって
生まれたハイエンドギヤオイルなんです

市販されているギヤオイルは意外と鉱物油が
多く 鉱物油は高温になるとかなり動粘度が
下がるのと鉱物油に比べエステルは金属の
表面に吸着するエネルギーが強くたとえ薄い
油膜でも保護性能が高いんです

温度による粘度変化も少ないベースオイルを
使用し低温から高温まで安定しております



希望小売価格 【税込】

2700


価格を最大限下げる = 目標価格内で
最高のオイルを作る為

800ccで作りました

容量を減らしその分性能重視でも価格を
抑えるようにして頂きました

こんな最悪なワガママは広島高潤さんでないと
まず聞いて頂けませんスミマセン・・・・・

NSR250Rはミッションオイル全容量が
800cc 交換時は700ccですので
ミッション分解時にも足りる量で設定
いたしました



春に発売して現在まで かなりのNSR250Rの
オーナーの方に使用して頂いておりますが

皆様 気に入って頂いております

【TYPE-L】を入れて頂いた女性の
NSR250Rオーナーの方は『シフトチェンジが
とても楽になったので長距離でも疲れなく
なりました』と言って下さいました

その他TYPE−Lを入れて頂いている方も
『今まで色々なオイルを試してきてますが
 こんなにシフトがスコスコ入るオイルは
 初めてで もう他のは使えません
   との感想を頂きました



良い声だけではありません


筑波を走っているレーサーの方にTYPE−Lを
使って頂いたところ・・・・

『スタート時からシフトの入りが良すぎて
 感動したけどシフトがスコスコ簡単に
 抵抗なく入るからレーシングブーツを
 履いてるとシフトチェンジができたのか
 できていないのか感触で分かりづらくて
 もう少し自分は固めが良いなあ・・・』 と

TYPE-Lは相性もありそうですね


異次元のオイルですのでそんな感想も
あって自分は良いと思っております

レース用に粘度をもう少し上げたバージョンを
作ったら面白いかな・・・なんて考えましたが
要望がまだ無いので要望が増えたら考えよぅ


そんなこんなでワタクシは圧倒的に
最初からTYPE-L推しです

超!低粘度でも潤滑と耐極圧性は
エンジンオイルと比べたら確実に
オーバースペックだと思います

TYPE−Lがオールシーズン対応に
なった今 来店されたお客様とお話が
できた際はバンバンオススメして
行こうと思います

ちなみに秋になって気温がぐっと下がりましたが
関東ですと今現在ギヤオイルの温度は長時間
走っても30度以上あがりません

毎日通勤でNSR250Rに乗っておりますが
TYPE−L最高です


-------------------------------------------------

2りんかんでしか買えません!!!!

-------------------------------------------------

全国の2りんかんで手に入りますが詳しい
お問い合わせは和光2りんかん かのうまで
頂ければお応えできます





あっ。。。 質問集を忘れるところでした。。。





今まででお客様から電話や来店時に質問を
受けた内容を紹介いたします


【質問】
湿式クラッチ車に入れた場合どうなりますか?

【A】
試した事が無いのでわかりませんが 潤滑と
耐極圧性が最高レベルなので確実にクラッチが
滑って走行できなくなると思います。

【質問】
モンキーなどの乾式クラッチ車には使えますか?

【A】
2ストローク専用のギヤオイルになります
最高の潤滑をもっておりますがピストンや
カム、クランク等を潤滑する事を考えて
おらずミッションのみを考えたオイルです
清浄分散性などギヤオイルはほぼ不要
ですのでエンジンから発生したカーボン
デポジットなどがエンジンに累積して
しまう事もありますし添加剤が適して
いないので4ストエンジン用としては
使用できません。

【質問】
4スト乾式クラッチ車ですがギヤボックスは
完全に分離構造なので使用できませんか?

【A】
NSR250Rでテスト開発をしている為
ギヤオイルがどの位の温度に達するか他の
バイクでは想定ができません。

ハイパワーで発熱量が高いバイクは粘度が
高いギヤオイルが適していますのでそちらを
使用される事をおすすめいたします。

【質問】
スクーターのギヤボックスには使えますか?

【A】
・・・・・・・使えそうな気がします・・・・が・・・・
試していないのでお応えできません。

ミニスクーターでSS1/32マイルの様な
一発タイム出しにTYPE−Lをリヤホイール
のギヤボックスに使用したら抵抗が少ない
ので良さそうな気がしますが・・・

100cc位までのスクーターで同じく
ギヤボックスに使ったら・・・・

なんて思ってしまいますがテストして
いないのでまったく保証できません。。。

【質問】
100度をオーバーしたらどうなりますか?

【A】
NSRでは100度を超すシチュエーションは
無いと考えておりますがこちらのギヤオイルは
エステルベース100%化学合成のオイルです
120度になったところでもオイルがダメに
なるような低スペックオイルではありません
のでご安心ください。

【質問】
TYPE−LとTYPE−Hの間くらいの
粘度のオイルは作らないのですか?

【A】
要望が増えれば作るかもしれません。
今のところは予定をしておりません。
粘度による様々なデータと実走経験が
あるのでテスト無しでも製作はでき
そうですが。。。

【質問】
動粘度を教えて下さい

【A】
非公表になります。データはメーカーより
頂いておりますが大切なレシピのひとつ
ですので公表は控えております。

【質問】
TZR250R・RGV250Γで乾式クラッチ車で
あれば使用できますか?

【A】
TYPE−Hは特殊な粘度設定でないので
問題なく使用可能です。

TYPE−Lは恐らく使用可能だと思いますが
実車でテストをしておりませんので保証は
できません。しかしながら数人自己責任で
入れてらっしゃる方がおりますが問題は
今現在まで報告がありません。

問題が出る要素が想定できませんが
自己責任でご使用をお願いします。




以上質問集でした

何かあればこのブログに追記していこうと
思っております


乾式クラッチのNSR250Rにお乗りの皆様


一度試しに入れてみて下さい


きっと手放せなくなりますよ





http://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/6/8/68a9119f.gif

【和光2りんかん】
     埼玉県和光市下新倉5−11−1
         TEL 048−452−6290


ds258 at 16:29和光2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事