2018年12月14日

東川口2りんかん バイクに任意保険は必要か?

過去に自転車の飛び出しで転倒事故を経験している
自由人Kです。
プロテクターやライディングシューズを装着していましたが右足骨折。
装備がなかったらと思うとゾッとします。

通院やリハビリで3ヶ月くらい不便な思いをしました。
相手には当たっていないので俗に言う『自爆』です。

バイクの修理や通院、治療費が結構かかりましたが
任意保険に加入済みだったので助かりました。

バイクにはあまり乗らないからと、自賠責保険だけで安心している方も
いらっしゃると思います。
しかし、いざ乗るとなると、自動車に比べ事故を起こしやすく、
たまにしか乗らない人ほど危険と隣り合わせなのも事実です。

バイクは2輪であり、自分を守るものはヘルメットとプロテクター
のみです。
バランスを崩しやすく、自動車に比べて事故時にライダーの体に
与える衝撃は非常に大きなものです。
もう何年もバイクには乗っているというベテランでも事故の危険性が
あるのですから、初心者はなおのこと事故と隣り合わせであると
考えなければなりません。

バイク事故の多くは自動車との接触事故です。
バイクは自動車から見ると死角に入りやすく、バックミラーやサイドミラーで
確認できないことも多く、車が急な進路変更をした際にバイクが巻き込まれ
るという事故が多発しています。
実際に私も急に左折しようとした車両に巻き込まれそうに
なったこともあります。
明らかに自動車の過失であるとみなされた事故の場合は満額の
補償の可能性がありますが、ライダーの方にも負担がかかる場合もあります。
走行中であれば追突されても過失割合が付いてしまうことが多いようです。

また、最近では、「リターンライダー」が増えています。
若い頃より運転に気をつける意識はあると言われるリターンライダーですが、体力や反射神経は、
それなりに衰えていると考えなければなりません。
そうなると、とっさの出来事に反応が遅れ、思わぬ事故につながります。
ベテランであるとの過信は禁物です。思いもよらぬ事故に遭う可能性は
誰にでもあるのです。

事故の際、十分な補償がなければ、被害者だけではなく、
自身も十分な治療を受ける事ができません。


任意保険に加入することで、金銭的な心配をすることなく、
被害者への補償をすることができますし、また自身の治療に
専念することができます。
相手車両や自身のバイクの損害も、自賠責の補償金額を超過した分を
補償することができます。
自賠責保険だけでバイクを運転することは、大きなリスクを伴っているといえます。
バイクを安心して楽しむためには、任意保険が必要なのです。

2りんかんのバイク保険には
補償内容によって3パターンございます。

‖仗諭対物賠償+弁護士費用特約+ロードサービス
事故によって人や物に損害を与えた際に保証できる内容です。
弁護士費用特約は
自分に非が無い場合 自分の保険が使えないので相手と
交渉しなければなりません。
そんな時に弁護士に依頼する費用が保障される特約です。

対人、対物 搭乗者傷害500万円+弁護士費用特約+ロードサービス
(,諒篏内容に自分のけがの補償される内容です。)

B仗諭対物 人身傷害3000万円+弁護士費用特約+ロードサービス
(,諒篏内容に人身傷害保険がプラスされた内容です。)

※搭乗者傷害は過失割合で減額がありますが人身傷害は過失割合に関係なく
保険の範囲内で満額保障されます。


おしらせ★










★スタッフ急募★


東川口2りんかんでは、お客様のご来店が増えたため
スタッフを募集中です!社員希望も大歓迎です。

スタッフの応募はこちらから。

□バイクが好き!
□接客が好き!
□機械いじり、整備が好き!
□バイク用品が好き!
□バイクの知識を増やしたい!
□ガッツリ稼ぎたい!
□バイク通勤希望!

一つでも当てはまったら、素質あり!です。

応募に不安がある方は、
直接お電話いただいても大丈夫です。
一緒にお客様のバイクライフをサポートしましょう!




ライダーズスタンド東川口2りんかん

埼玉県川口市北原台2-20-24
048-297-1301

営業時間
平日・土曜日 10:30-20:00
祝日・日曜日 10:00-19:30



ds254 at 18:55東川口2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事