2018年08月07日

環七南千束2りんかん 環七南千束2りんかん プラグのおしごと【環七南千束2りんかん】

DSCF0207


これじゃなくて……





DSCF0208




これでもなくて…………








KIMG1105





             
これ!!!!!!!!!!!!






突然ですが、みなさんプラグって替えてますか。。。?



スパークプラグの推奨交換時期は3000km〜5000kmほど・・・(4ストロークエンジンの場合)
エンジン内部で一番過酷なところで働いているわけですからその分消耗もするんです




barubu


この図の3番、圧縮した混合気に着火をして爆発を起こしてピストンを動かし、クランクシャフトを回しているわけです。(画像は手書きです。。。頑張ったんで粗は見逃してください。。。)




エンジンはよくオートバイの心臓部に例えられますが、プラグはエンジンの心臓部ともいえるパーツになります


スパークプラグには使用上、下限温度として自己清浄温度があり、上限温度としてプレイグニッション温度という制約があって、中心電極の温度が約500〜950℃の間にあって初めてその機能が完全に発揮されます。


つまり、常に約500〜950℃の間で働き続けているのです




エンジンがかかっている限りは絶えず爆発の中、着火し続けている働きものなので当然消耗、摩耗していきます


DSCF0206


                                              



プラグが消耗すると何が起こるのかというと、、、こんなトラブルが起きる可能性が



摩耗したプラグは、、、


燃費が悪くなる
エンジンの始動が悪くなる
馬力がなくなる
アイドリングが不安定になる




逆に言えば消耗したプラグを交換するだけで、、、



燃費の向上
始動性向上
加速性向上
アイドリングの安定


が、見込めるということです( ̄ー ̄)ニヤリッ




単純に交換するだけでこれだけの効果が見込めるなら交換しない手はないですね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



2りんかんでは1本あたり¥756〜の工賃で交換できます
(カウル脱着等、別途工賃が必要な場合もありますのでご確認ください)




ほんで、ほんで、




スパークプラグが受ける熱を発散する度合いを「熱価」といい、その度合いが大きいものを、高熱価(冷え型)、小さいものを、低熱価(焼け型)と呼んでいます。




チューニングエンジン、ボアアップ等で熱量が増えている方や、夏場などは高熱価なプラグを
冬場やかぶり気味のエンジンの場合は低熱価なプラグをチョイスするのもチューニングの1種です( -д-)ノ


た だ し



全く違うプラグを入れると最悪エンジンを壊す危険性もありますのでご相談の上、自己判断でお願いいたします(`・д・´)


ご来店いただければご相談にも乗らせて頂けるとおもいます。是非とも2りんかんへ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
車検時にも交換おすすめですよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


車検といえば環七南千束2りんかんではコミコミ¥39,800-
消耗品の同時交換もオススメです
工賃もちょっとお得になりますよー



それでは長くなってきたんでこの辺で、、、




良い夢見ろよ


さすらいのイタリア人 リュウ君でしたヾ(´ω`=´ω`)ノ




20180804_215231

cm4_02








ds160 at 12:23環七南千束2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事