POWER

2018年04月08日

つくば2りんかん ミシュラン試乗レポート ROAD5はものすごく懐が深い

「オイルとタイヤはつくば2りんかん」のまつおです。

4月8日は、「タイヤの日」です。
4月は春の交通安全運動が行われる月であり、
8がタイヤをイメージさせることからタイヤの日なんです♪

そんな、タイヤの日にピッタリな
ミシュランタイヤ試乗会レポートしたいと思います!

先日、ミシュランタイヤ様主催の
タイヤ試乗会に参加させていただきました。

場所は、普段実際にミシュランタイヤの開発テストを
実施しているコースでの試乗です。

そして、今回先導や説明をしてくれた方々の一人が
あの世界チャンピオンの「原田哲也さん」だったんです!
同世代のヒーローに私としては、興奮を抑えられず
2ショット写真をお願いしてしまいました♪
原田さん


試乗後に、一緒に写真を撮って頂き
とっても気さくに話をして頂きました。
なんか、友達とバイク話をしている感じでしたね!
とってもバイクの乗るのが上手な、いい人でした。
なんかすごく馴れ馴れしく当たり前過ぎることを言ってる・・・

さて今回のメインはやはり、先日発売されたばかりの新商品
MICHELIN(ミシュラン) ROAD5(ロードファイブ)です!!
IMG_9452



そしてスポーツタイヤの
MICHELIN(ミシュラン)POWER RS(パワーアールエス)
IMG_9454



さらに、新旧比較の為
MICHELIN PILOT ROAD4(パイロットロードフォー)
IMG_9456



車輌は、超豪華18台体制!
IMG_9469


IMG_9468




まずは、全員でしっかり座学でお勉強です♪
IMG_9465


ここで、しっかりそれぞれのタイヤの特徴を
頭に叩き込んでから身体で感じとります!

ミシュランのタイヤ試乗会は
徹底的に乗り比べる!という感じで、かなりスパルタです(笑)

3つのセクションに分けて、
同一車種で、違うタイヤにすぐに乗り換えて連続で走る
という流れを、3セット実施します!

まず、試乗させてもらったのが
「ハンドリングコース」
ここでは、原田さんの先導で、大小のコーナーがあるコース
各車両、3週づつ走行します。
テスト車輌 : MT-09 ・ MT-07 ・ ニンジャ400
タイヤ : ROAD5 ・ POWER RS

IMG_9475


まずは、MT-07でPOWER RS
想像通りの軽快なハンドリングで、もうヒラッヒラ〜
グリップ感もしっかりさすがスポーツタイヤだな〜って感じです。

3周したら、休む間もなく、すぐに
MT-07のROAD5装着車でコースイン!
走り出してみると、おおお!?なんだか凄く良い感じです
しっかりとしたグリップ感と
かなりスポーティーなハンドリングで
ツーリングタイヤだと思って走り出したら
こんなに走れるタイヤなんだ〜とびっくりです!
しかも、POWER RSよりちょっと安定感が増して
こっちの方が良いかもと思えるほどです。
IMG_9458


次は、ニンジャ400でPOWR RSとROAD5を乗り比べ
こちらも、両者いい感じですが、ニンジャだったら
POWER RSの方が、ハンドリングが軽くなって走りやすいかな?

そして、次はMT-09!同じくPOWR RSとROAD5を乗り比べ
こちらは、同じMTシリーズだけあって、印象は
最初と同じ感じでしょうか!

3周×6回を連続で走り切った後
その場で、簡単な質疑応答をして頂き内容を整理!

ROAD5が、とにかくスポーティでビックリでした
これは、もうツーリングタイヤではない
と思えるほどスポーティーです。

原田さんも言っていましたが
今回のコースは、出ても100km/h位の小さ目なコースだったので
これくらいのコースだと、ROAD5の方が良いかもしれないです。
もっと、高速領域だとやっぱり POWER RSの方が良いけど
ストリートで走るなら、ROAD5でツーリングからスポーツまで
全部カバーできちゃうんじゃないかな?って感じです。

さて、次は「ウェットコース」です。
ここは、ストレートな路面に均一に横から放水されて
常にウェット状態なコースです。

まずは、フル加速からのウェット路面でのフルブレーキング!!
で、制動距離がどれだけ違うか? ABSの効き具合がどう違うか?
をテストし、その先でUターンして、戻る路面には突起が並んでいて
振動の吸収を体感するというものです。

ここでのテスト車輌は:VFR800 ・ MT-07 ・ CB400SF
テストタイヤは:ROAD5 ・ PILOT ROAD4
IMG_9476


まずは VFR800からのROAD5
普段ウェット状態でフルブレーキングするなんてやりませんよね〜
どれくらいの侵入スピードが良いか聞いたところ
約70km/h位がおすすめとの事だったんですが、
最初は怖くて50km/h位でチャレンジ!
本当にとまるのか、超不安でしたがやってみると
あれ?しっかり止まる!
ROAD4に乗り換えて、50km/hでチャレンジ!
あれ?しっかり止まる!?
正直どっちも、しっかり止まって安心感抜群です。

その後、MT-07に乗り換えて
ちょっとスピードを上げて60km/hでチャレンジ!
それでもしっかり止まる!
だんだん慣れてきたので、ABSも効いてきたかな?
でも、まだまだ思い切りが足りないのか
4と5の差があまりわからない・・・
でも、戻りの乗り心地はかなりROAD5が良い感じで
タイヤが突起をしっかり吸収してくれています。
IMG_9477


そして、最後はCB400SF
もうかなり慣れてきたので
思い切って70km/hで、本気のフルブレーキングしてみました
完全ウェット状態でもちゃんと止まるんですね〜!
ABSもガッチリ効いて、グリップ感もしっかり感じられます。

ほぼ同条件でテストした結果
約70km/hからのフルブレーキングで、ROAD4 とROAD5で
制動距離が約2m位、ROAD5の方が手前で停止できました!
パターンの見た目は、
圧倒的にROAD4の方がウェットに強そうなのに
試してみたら、ROAD5の方が全然手前で止まれました。

そしてABSの効き具合としては、
PILOT ROAD4の方が先にABSが効き始める感じで
ROAD5は、
ギリギリまで路面にしっかりグリップしている感じです。
ABSが効き始めるまでにしっかり減速できているから
制動距離が短くなるんでしょうね!

そしてROAD5は、新採用のサイプ
エックスサイプ・テクノロジー・エボの効果により
摩耗しても、性能を維持出来るというのがまたすごいところ
1109_05


この不思議な、フラスコ型の断面の溝で、タイヤが摩耗しても
排水性能を維持できちゃうんです!
この技術、相当凄い技術で、ミシュランの社員の方でも
どうやって作るか、教えてもらえないそうです(笑)

ウェット性能でも、かなりの進化が見られたROAD5でした。

そして、最後は、
「オーバルコース」での高速テストです。
このオーバルコース、なんとバンクが付いた
本格的なオーバルコースなんです。
IMG_9482


こんなところ走るのは初めてです・・・もう完全に壁です

テスト車輌は : GSX-R1000R ・ MT-09 ・ CB400SF
タイヤは : ROAD5 ・ POWER RS

ここでは、まず小バンクを100km弱で抜け
裏のストレートでスラロームし
大バンクは120km位で表ストレートに出て
高速レーンチェンジをするという内容を3周ずつ実施します。
IMG_9473


まずはMT-09のROAD5でスタート
とにかく最初は、バンクが怖い・・・
コーナーなのにハンドル切れないしバンクもしないし
横Gでなく縦Gが来て、路面に張り付けられる感じ
しかも、どこ向いてるか感覚がおかしくなるので少々気持ち悪い・・・
イメージとしては、バンクコーナーリング中は
上を見てアクセル開ける感じですね

ROAD5は、高速での安定感も抜群です。
スラロームも、レーンチェンジも非常にスムーズ!

その後、POWER RSに乗り換えると
高速スラロームは、こちらの方が軽やかでいい感じでした。

そして、車輌をCB400SFに乗り換えます。
ミドルクラスのマッチングも抜群でとっても軽快に走行できます。
IMG_9474


そして、最後は、GSX-R1000R
立派なSS車輌です!やっぱり高速走行には、これですね!
POWER RSとのマッチングは最高!
でも、ROAD5も全然いけてます
SSに装着しても全く違和感無く、非常に軽やかなハンドリングです。
街乗りSSなら、ROAD5でOKだと思います。


今回の試乗内容を簡単にまとめると
今回の新商品「ROAD5」は
非常に守備範囲が広い、ジャンルレスタイヤだと思います!

もう、ツーリングタイヤとかスポーツタイヤとか
分けなくても、全部このタイヤで行けちゃいます!
って感じの懐の深さです。

実際に、パターンも「POWER RS」と基本は同じで
その基本パターンに、サイプを追加している感じなんです。
もう、今までのROADシリーズではなく
ミシュランとしても
「ROAD5」と「POWER RS」は兄弟だと言い切っていました。

コンパウンドのセッティングは少々違いますが
フロントタイヤのプロファイル等サイズ感は
ROAD5とPOWER RSはほぼ同じで
リアのプロファイルを変更する事で性格分けをしているそうです。

POWER RSは、リアのプロファイルを少々鋭角にしタイヤの直径も
少々大き目にする事で、よりクイックなハンドリングとし
ROAD5は、少々リアのプロファイルを緩やかにして
フロントでクイックに倒しこんでも、リアで抑えて安定させる
セッティングになっているそうです。

ROAD5は、サーキット走行でもかなり
いい走りが出来そうな感じですよ!
実際にタイムを競うとかでなければ、充分だと思います。

そんなにスポーツ性能が上がったのに
ウェット性能もアップし、ライフもアップし
乗り心地まで良いって、本当ですか?って感じですが
今回試乗してみて、実感してしまいました。

原田さんも、「ストリートではROAD5で十分だね!」
って言ってましたよ。
今度、雑誌の企画で、原田さんがROAD5で
サーキット走行テストするみたいですよ!かなり楽しみです!

ロングツーリングも行くし、ワインディングでは
コーナリング楽しんで、急な雨でも安心なタイヤをお探しなら
「ROAD5」おすすめですよ!
IMG_9048


もちろん、「ROAD5」はつくば2りんかんで販売中です♪
なんと4月8日タイヤの日は
ラジアルタイヤ前後交換で¥2000円引きです!
0408タイヤ



皆様のご来店を心よりお待ちしています。

ライダーズスタンドつくば2りんかん

茨城県つくば市研究学園2-20-2

029-850-3351

JPG00001 (11)


20180408までバッテリー充電CP


次回予告


tkb1evpr01


お隣のSOXさんも1周年!
なんと、気になるあの車両が試乗出来ちゃいますよ!
SOX試乗会


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
車検の無料見積もり実施中!
お気軽にお問合わせ下さい。
お見積もり&お申し込みはコチラ
Web車検お見積もり&お申し込み
車検


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






バイク用品専門店 2りんかんオフィシャルサイトはこちら 
業界初!タイヤパンク補償取扱中
簡単につながる次世代インカム
バイク車検は2りんかん!29,800円〜
バイク任意保険・自賠責保険取扱中  
正社員・アルバイト募集中



ds275 at 02:01 

2018年01月26日

川越2りんかん SHOEI Z-7 マルケス POWER UP!!発売!!

こんにちは
ヘルメット担当 斉藤です

今年は雪降りましたね・・・
凄かったですね・・・
みなさん、事故や怪我しませんでしたか??
大通りは雪も解けてきましたが、まだまだ小道や日陰の道は凍結してるので
気を付けてくださいね


さぁ
本日、川越2りんかんにもSHOEI Z-7 ニューカラーが入荷いたしました

SHOEI Z-7 マルケス POWER UP!!
attachment00
attachment01
attachment02
attachment03




































































去年、マルケス選手がどこかのグランプリで被ってましたね
個人的にこのカラー、すごく好きです
なにがいいってカラーリングがかっこいいのはもちろんですが、
PULL&BEARのスポンサーロゴが入ってるんですよ

レプリカヘルメット好きとしては最高のデザインです

現物はもっと色合いが良くて気に入っていただけること間違いなしです

是非一度手に取って見てくださいね
ご来店お待ちしております




バイク用品専門店 2りんかんオフィシャルサイトはこちら 
業界初!タイヤパンク補償取扱中
簡単につながる次世代インカム
バイク車検は2りんかん!29,800円〜
バイク任意保険・自賠責保険取扱中  
正社員・アルバイト募集中



ds252 at 20:07 

2017年02月15日

和光2りんかん RVF750 【RC45】パワーチェックレポート V4-750cc SOUND!!!【和光】

和光2りんかん チューニングパーツ担当
 & パワーチェック担当 の かのう です

最近 パワーチェックレポートばかりですが記事に
したいバイクがなぜか立て続けにタイミング良く
来店したのでご勘弁下さい

【新しい事】 や 【世の中に出回っていない事】を
中心にパワーチェックのレポートをあげています

きも〜〜ちYAHAMA車が多い気がしますが
          と言いながらHONDA車3連続・・・(笑)



さて ワタクシは何年も前から言い続けてました
NR750 と RVF750 をパワーチェックしたい


NR750が実現してあとはRVF750だと思っていた所に
本当に恐ろしいタイミングでRVF750のパワーチェックの
問い合わせ と ご依頼

あまりに焦ってしまい電話でお客様に

『RVF750ってRC45ですか?』

と意味不明の当たり前な質問をしてしまいました


だって。。。募集をかけたわけでは無いですから



NR750に続いてRVF750もほぼ同時期に
できるなんて思ってもいませんでした


本当にうれしいです




では!


RVF750
        【RC45】

パワーチェックレポートです


新型CBR250RR同様 サウンドにもこだわって
動画を撮り 動画を作る時もサウンドが死なない様
音質を落とさない設定で作りました




ご来店は平日の午前中

お客様もまばらでしたので気付いた方は
何人いらっしゃるのでしょうか



なぜならば・・・・



IMG_20170125_110958
多くの人が思うはずです

『RVF400とRVF750
  見分けが付かない・・・』



スミマセン自分もヘッドライト形状がいつも見分ける
ポイントなのでヘッドライトが【耐久仕様】なっていると
見分けるのが困難です

フロントブレーキディスク径がRVF400の296mm
と比べて310mm リヤタイヤも全然太いんですが!
              ・・・・分かりません


それほど750ccというのを感じさせないコンパクトさ

車体もとても軽いんです


当店の常連様は見て一瞬で『おーRVF750
  懐かしいねぇ』って言っていましたが・・・・
        どこですぐ分かったんだろう・・・・


IMG_20170125_111050
IMG_20170125_111026
純正と同じカラーリングなのでパッと見分かり
ませんが社外製フルカウルだったりします


キレイな青空なので赤い車体が良く映えます
          電線どうにかならないかな・・・・・



IMG_20170125_111100
IMG_20170125_111116
ただでさえ希少車のRC45です

国内限定500

当時価格200万円



とは言うものの今じゃプレミアが付いて状態が良い
ものは200万円ではとても買えませんねぇ







IMG_20170125_111209
テールカウルのロゴを見て初めてRC45と気付き
『おおぉ!』ってなる方が多いのではないでしょうか

RVF400乗りのお客様が当店にはかなり来店
されるので今度見分け方を聞いてみよう・・・  
             そうしよう




IMG_20170125_111230
サイドミラーにウィンカーを移しているのでカウルが
スッキリハイセンスなカスタムですね





さてさてエンジン始動


RVF400より更に更に力強い排気音です


※画質が粗い場合はYOUTUBEの
  設定を【1080p】へ変更して下さい









いかがでしょう

超好みのタイプのエンジン音&排気音です



20170125114056
20170125114106
IMG_20170125_113324
ダイノマシン搭載完了!




前回のNR750 同様 赤い車体がとても
ウチのダイノマシンにお似合いです

それにしてもキレイな車体です

1994年のバイクには見えません
とてもキレイにされています




20170125113427
20170125113517
かっこいいですねぇぇぇ

どうでしょう?750ccなのに スリムな車体

4気筒ですが V型エンジンなのでエンジン幅を
抑えることができ車体がスリムにできるんです

その分 熱の問題とかはあるのですが





20170125113542
このクイックファスナーで社外カウルだと分かりますね

中も見てみたところですが




20170125114047
フロントフォークは41mm倒立

キャリパーは・・・ あれ? RVF750はブラック
だったはず・・・ VTR1000SP1等の2ピンの
タイプに変わっておりますね







20170125113604
94年式にしてフューエルインジェクション車です

当時のインジェクションがどこまでセッティングや
制御ができているかも興味があります



20170125113617
リヤタイヤは190サイズ

片持ちスイングアーム【プロアーム】です

RVFのかっこいいところはマフラーが左出しなので
リヤタイヤ周りがスッキリしている所です【主観】



20170125113636
もちろんRVF400と同じサイズな訳はなく横幅も
長さもRVF750が一回り大きいです

大した差では無いんですけど・・・・

全長は12cm違いますが





20170125113650
20170125113716
20170125113750
社外製 フルエキマフラー【サイレンサー2本出し】が
装着されています

RVF750純正は左1本出しです



この社外マフラーがまた程よい音質で最高の
V4サウンドを奏でます




20170125114029
V4 x 750cc x フルエキマフラー

NR750 & RVF750 個人的には全バイク中
最高に好きなエキゾーストサウンドです

アンド エンジンのカムギアトレーンのギヤ音が
混じって更に好みのサウンドになります

以前に書いたか忘れましたがV4サウンドは
ワタクシの愛車NSR250Rより好きです

きっとカムギア音も好きなんだと





20170125113805
バトルファクトリー製のバックステップと
Kファクトリーのクラッチレリーズが
装着されております



20170125113847
NHKステアリングダンパー

当時 圧倒的シェアのステアリングダンパーです



20170125113922
TACHYONのセパハンに
カーボンバーの組み合わせ

細かいところも手が入っております






20170125113957
インテークダクトも巨大なものに変更されてます

ガソリンタンクは軽量なアルミ製
塗装されているとわかりませんが

容量はなんと18リットル





20170125113943
メーターはフルスケールな物に交換されております



さて 国内仕様 純正スペックは


77ps / 11500rpm
           NR750と全く一緒ですね!



そちらにリミッターカットとフルエキマフラー +α


結果はどうでしょうか





RVF750 RC45 PCR




103hp/11700rpm


バッチリ リミッター解除ができておりますね



恒例の
動画
です

パワーチェック風景と言うよりはV4サウンドを
堪能する為の動画となっております


※画質が粗い場合はYOUTUBEの
  設定を【1080p】へ変更して下さい










今現在 はっきりと明記してませんがYOUTUBEが
ハイレゾ音源に完全対応していないようなのでもし
ハイレゾ音源に完全対応するようになればカメラの
グレードを上げようかと思っております

RVF750【RC45】最高のサウンドでした


あとNR750の時にも 書き忘れてしまいましたが
92年当時バイクでインジェクションはまだ主流では
無かったので制御がまだ熟成されておらずきっと
乗りづらいのだという想像をしておりましたが

ビックリするくらい乗りやすいです


2000年位からバイクにもインジェクション車が続々と
発売されましたが どうしてもその頃のインジェクション
のバイクは アクセル開度0~15%くらいの反応が薄く
ゆっくりアクセルを開けても15%位から『どんっ』と
いきなり反応する事が多い【ドンつき】

ゆっくり低回転で走っていると速度の調整がその
ドンつきのせいでしづらくそして不快だったりします


NR750やRVF750も同様にアクセル15%位からで
ないと反応しないのだろうなと思っていたのですが


2010以降のインジェクション車と比べても見劣り
しないくらい乗りやすくちゃんとアクセルを僅かに
開けていてもほんの少しパワーが発生し速度の
調節がしやすかったりシフトチェンジの時にも
ドカンドカン来ないので不快感がありません

不思議です

最近のバイクは少なくなりましたがドン付きがある
バイクはまだ現代のバイクでもチラホラあります

インジェクションではなく いまだに【キャブ派】が
居るのもそこの起因しているのでしょうか


RVF750のオーナー様ブログの掲載の許可
ありがとうございました



パワーチェックレポート その35でした


先日YOUTUBEにアップした新型CBR250RRの
動画が驚異的な視聴数を記録しました

おもしろく そして業界人が見ても『おおおっ!』という
レポートを今後もできたらと思っております


ではでは



パワーチェック
 レポート過去未来記事


   タップ or クリックすると展開します
-------------------------------------------
【パワーチェックレポート】

レポート1 V−MAX RZV500
レポート2 TZR250 FCR装着車
レポート3 T−MAX560【ボアアップ】
レポート4 バケモノハーレー
レポート5 VJ23A ガンマ
レポート6 ドラッグマシン ハヤブサ
レポート7 フルノーマル車
レポート8 FCR&TMRのセッティング指南
レポート9 PCX170 Fiセッティング
レポート10 GROM キャブレター化!!
レポート11 MT09 フルノーマル車
レポート12 YZF−R25 馬力のウワサ
レポート13 PCX Fiセッティング 2台
レポート14 シグナスX Fiセッティング
【番 外 編】 スミマセン 無免許でした・・・
レポート15 1400GTR T−REVαシステム
レポート16 MT09 ワイバンマフラーの実力
レポート17 60馬力ダウン!2015 GSX-R1000
レポート18 H2 スーパーチャージャー!凄凄!
レポート19 TZR250【1KT】フルチューン
レポート20 2015 新型YZF−R1!
レポート21 世界最強バイク H2R!
レポート22 超高級車! DUCATI 1199 PANIGALE
レポート23 異次元のNSR250R その1
レポート24 異次元のNSR250R その2
レポート25 YZF-R25 AKRAPOVIC スリップオンマフラーの実力
レポート26 PCX Fiセッティング 3台
レポート27 YZF−R25 vs YZF−R3
レポート28 V−MAX1700ドラッグ
レポート29 希少車! KTM RC8
レポート30 MT10 国内にまだ数台!
レポート31 異次元のNSR250R その3
レポート32 当店過去最高馬力!V−MAX1700ターボ!
レポート33 2017 新型CBR250RR!!
レポート34 NR750【国内】チューン車!
レポート35 RVF750【RC45】V4-750ccサウンド!!
レポート36 RVF750【RC45】フルパワー化成功!!
レポート37 DUCATI 900MHR 超カスタム車
レポート38 2017 新型CBR1000RR-SP!
レポート39 2017 新型CBR250RR国内仕様!
レポート40 2017 新型GSX−R1000 + ECUチューン
レポート41 RVF750【RC45】フルパワー車!!その2
レポート42 当店最高馬力!最強のSR400
レポート43 CBR250RR ECUチューン!
レポート44 PCX170 Fiセッテイング
レポート45 CBR1000RR & GSX-S1000F ECUチューン!
レポート46 RVF750【RC45】(改)逆車フルノーマル
レポート47 馬力を計るだけじゃないんです!!!!
レポート48 2014 CB1300SB [SC54] ECUチューン!
レポート49 激変!2013〜 ZX-6R [ZX636R] ECUチューン!
レポート50 GSX1300R ハヤブサ[国内仕様]ECUチューン!
レポート51 激ヤバ!V-MAX1700[国内仕様] ECUチューン!
レポート52 2スト インジェクション!TE250i!
レポート53 MONKEY125 フルノーマル!
レポート54 900万円!1299 SUPER LEGGERA!!!!!
レポート55 250ccナンバー!超高性能電動バイク!
レポート56 2018 NINJA400 BEETフルエキ!

※ クリック or タップすると過去記事に飛べます
-------------------------------------------

※2019 6月リストのみ更新







https://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/6/8/68a9119f.gif

【和光2りんかん】
     埼玉県和光市下新倉5−11−1
         TEL 048−452−6290







バイク用品専門店 2りんかんオフィシャルサイトはこちら 
業界初!タイヤパンク補償取扱中
簡単につながる次世代インカム
バイク車検は2りんかん!29,800円〜
バイク任意保険・自賠責保険取扱中  
正社員・アルバイト募集中



ds258 at 16:28 

2017年02月02日

和光2りんかん HONDA NR750 パワーチェックレポート! 【動画有】世界初 ダイノ動画?【和光】

最近 ブログ用に【日本初】とか【世界初】等の
商品や情報を 【ドンヨク】に探し求めている
和光2りんかん チューニングパーツ担当
 & パワーチェック担当 の かのう です


ついに ついに 念願の


NR750
        【RC40】



パワーチェック致しました


ウレシイ・・・


若かりし時から 原付を乗りまわしていた頃から
チャンバーとマフラーの違いも分からなかった頃から
先輩に 『エアスクリューいじれば最高速5km位は
 伸びるぜ』と言われて信じてしまったあの頃から
憧れの憧れのバイク NR750

今や2000万円超えの市販公道バイクも存在しますが
やはり自分はNR750の実車を見ると とてもとても
興奮してしまいます

みなさまにも若かりし頃にヒトメボレをしてそれが今でも
大好きなバイクというのがあるかと思います

自分は20年以上バイク業界にいますのが毎日毎日
バイクのお仕事をしていてもなかなかお目にかかれる
バイクではありません

以前あげたブログ【朝霞HRC祭り】とか数年に一回は
実車を見てますが最後にエンジンの音を聞いたのは
ここ 和光2りんかんでNR750にETC車載機の取付を
した時以来になります かな~~り前ですが


そんなNR750をダイノマシンに載せて またがって
エンジンをかけアクセルをひねりシフトチェンジして
高回転まで堪能できるなんてワタシャーー幸せです

仕事です 仕事なんです 本当なんです

今回の計測のご依頼はNR750のオーナー様では
無くショップ様の間接的なご依頼

でも こんなビッグな情報をしまって置くには勿体ない

もちろん許可を取らないと勝手にブログには投稿
できませんので 今回 オーナー様に直接交渉
致しました

せめて写真だけでも・・・・ と思い駄目もとでお話を
したのですが なんと写真だけでなくパワーグラフも
公表OKという何とも嬉しすぎるお言葉

オーナー様 ありがとうございます

今回 動画も作成したので合わせてご覧ください


ということで



ということで



ということで



いつもヘビーで超ロングな!和光2りんかんブログ
ですが今回はワタクシの超憧れのバイクNR750

過去最高に長くなってしまうかも

ウルトラっ! ウルトラっ! ウルトラロング!!!

詳しく書かない方が後悔してしまいそうですので
みっちりねっちりべっとりレポートしたいと思います


超大量に写真と動画を撮りまくったので全てを載せると
余りに膨大かなりロングなブログになると思いますが
それでも厳選した内容なんです



しかしながら

 ひとつ残念な事が・・・


肝心の


肝心の


肝心の






が・・・・・













当日タブレットとデジカメしか用意が無く集音マイクの
性能が悪くて 楕円ピストン x V4 & カムギア
& マフラーからの排気音が


ダイノマシンでの高回転時のエンジン音を
音が割れず集音できる方法を知りたい所
     誰か教えて下さい。。。

バイクはサウンドも重要なのでどうにかカッコ良く
集音できる方法を模索中です


今回 NR750をパワーチェックする目的は
コンディションチェックの為です

貴重なバイクですので慎重にあらゆることに
気を使いながらやっていこうと思います



前フリですら既に長くなってしまいましたがビッグな
記事の前フリですので いたしかたありません


さて


始まりです







IMG_20161205_140717
ぬふふ ぬはは ふひ ふははは

ふははははははははははははははははは


かっこえええぇぇぇぇ





すみません 取り乱しました




IMG_20161205_140723
デザインのどこをとってもカッコイイ

見た目だけでなく当時の技術の結集と採算度外視の
コストを考えていない(ん? 考えている???)
夢の様なマシン

公道を走る為の市販車で楕円ピストン カーボン
モノコック外装 チタンコンロッド ミラーコート
ウインドスクリーン その他 ほとんどの部品が
NR750専用で造られたもの

普通は【鋳物】を使用する部分を押し出し材を使用
したり【鍛造品】を使用したり しかも鍛造だけでなく
その金属までこだわり抜いて造られた一台

高級・高性能なパーツだけで製作された究極の
バイク 当時の価格は520万円


よくわかりませんが 2017年 これと同じ仕様で
一台バイクを市販するのであれば自分は
520万円では不可能だと思います

RC213V-Sより高い気がしてしまいます


根拠はまったくありませんが。。。




これはお仕事です

ハアハアしている時間はないので
早速ダイノマシンに載せていきます







IMG_20161205_160151
今まで1000台以上・・・ダイノマシンに載せる時に
バイクを倒したなんて一度もありませんが


緊張したーーーーー


倒しちゃいけない・キズを着けちゃいけないのは
他のお客様のバイクも一緒なのですが・・・・・

やって頂ければ分かります・・・・・

超 緊張します







IMG_20161205_160131
ぬふふふふ

ついに和光2りんかんダイノマシンに念願の
NR750が載ってしまいました




スミマセン ワタクシほんとNR750大好きなので
たっぷりの写真と共に紹介したいと思います


本当にたっぷりです



IMG_20161205_150527
またがるタンクの部分には養生の為ビニールの
シートを貼りました

本当は憧れのNRにこんなにダサくなるビニールを
貼りたくは無いのですがH2&H2Rの外装と同じく
【特殊塗装】キズを着けたら大変なので貼ります

貼る前に写真を撮れば良かったと今 少し後悔

塗装は【NRレッド】という色あせしない超高級な
超高級な超高級な!!特殊蛍光塗料

見る角度によりピンクっぽくなったり深い赤に
なったり不思議なカラーです

専用の塗料と言うのがまたカッコイイ




お顔からいきます




IMG_20161205_143121
純正でミラーコートスクリーンが装着されております

スクリーン下にカーボンが見えますがNRの外装は
全てカーボンその上にNRレッド塗装です

レッドの外装ですが塗装で見えない内側は
全てカーボンファイバー製なんです

カーボン外装は職人がひとつひとつハンドメイド

カーボンも特殊なカーボン繊維を使い厚さは
1mm ~ 1.5mmのごく薄ながら強度は抜群

そして カーボンを固めるのに透明度の高いゲルコート
その上に透明なサーフェーサー そしてクリア塗装が
最後に施してあるので透明度を保ちつつ カーボンの
耐色を抑えているようです



IMG_20161205_143130
近づくとカーボンが見えますね!わかりますか?

ちなみに光の当たり方や見る角度で左右のレッドの
色合いが変わっているのがわかりますか




IMG_20161205_143142
【NR OVAL PISTON】のロゴがアッパーカウルに

楕円ピストン 実物を見た事がありません・・・・


あれ?コレクションホールで見たっけなぁ・・・【独り言】







IMG_20161205_143113
IMG_20161205_143105
NR750を載せる為に赤のシャシダイにしたわけでは
ありませんがまるで専用品の様

ウチのシャシダイが良く似合います




IMG_20161205_143150
そもそもキャリパーにバイクのロゴが入った
バイクってそうそう無いですよね

フロントディスクはスリットタイプ

ホンダ車でホールタイプでなくスリットタイプの
ディスク装着車ってあまりないですよね



IMG_20161205_143206
イタリアの高級車を連想させるサイドカウル
ラジエターダクトのデザイン

かっこえええぇぇぇぇ

92年のバイクですよ新型車じゃないのに・・・・



IMG_20161205_143034
テールカウルのサイドダクト

タンクカバーからテールカウルまで一体式

整備性が良いのか悪いのかは知りません



IMG_20161205_143019
凄い存在感です

ゴテゴテしていないシンプルな造りのはずなのに
この圧倒的な存在感

V4エキパイをフロント→リヤに取り回しサイレンサーを
テールカウルに収めるのはデザイン的にも技術的にも
とても困難だったらしいのですがスタイルにこだわり
テールカウルに収めたかったとの事




IMG_20161205_143010
サイレンサーがテールカウル内なのでサイレンサーを
冷却するためには沢山ダクトが必要なのでしょうか

NASAダクトって言うんでしたっけこの形状




IMG_20161205_143000
ワタクシもMC28 NSR250R乗りなので
片持ちスイングアーム大好きです

ホイールは当然アルミな訳が無くマグネシウム製で
リヤディスクローターはベンチレーテッドディスクという
放熱に優れた中空のディスク板を使用

現代でNR750を造るとしたらカーボンホイールに
なるのでしょうか





IMG_20161205_142946
IMG_20161205_142937
テールカウル上にもダクトがあります

アンド テールカウルの【NRロゴ】がやっぱり
カッコよさを数段と上げてますね



IMG_20161205_142952
ぬふふ かっこええええぇぇぇ






IMG_20161205_142931
IMG_20161205_142921
サイレンサーは【国内仕様】でも【海外仕様】でもなく

ESPERさんのワンオフ品

通常NR750は排気音よりエンジンのカムギアの
音の方が目立って聞こえますがこちらのNR750は
アイドリングから素敵なサウンドです


そのままのサウンドがお伝えできず残念です



IMG_20161205_142808
エキパイは【国内仕様】も【海外仕様】も純正品番は
変わるものの性能はまったく変わらないらしいので
サイレンサーが変わればマフラーは海外仕様以上の
パワーが手に入るはずです

国内仕様の足かせはマフラーだけではないので
マフラーだけ変えればフ完全にフルパワーになる
わけではないのですが



IMG_20161205_142832
IMG_20161205_142826
こちらのNR750のオーナー様はサーキットも
走られる方でボルトに緩み防止のワイヤリングが
されています

NR750でサーキット走行って・・・・  凄い




IMG_20161205_160539
サイレンサーを冷却するダクトが
上下左右にたっぷり空いております

ダクトってなんかカッコイイですよね





IMG_20161205_142841


ダイノマシンNR750


かっこええぇぇx 絵になります






えっ?? 長い??

そろそろパワーグラフ出せ??



最初に書いた通り激烈に好きなバイクですので
まだまだまだまだ続きます






IMG_20161205_142851
片持ちの【プロアーム】とベンチレーテ・・・・
それはさっき書いたか・・・・


鏡面仕様のプロアームがまたカッコイイですね


普通アルミの鏡面仕上げは白く腐食してしまい
ますがフレームやプロアームの鏡面仕上げは
さらにその上にアルマイト処理をしているので
輝きをずっと保っているんです

スペシャリティを出す為にひと工夫されて
いるのがまたこのバイクの魅力


IMG_20161205_143249
92年に発売のバイクには見えないですね

これが92年発売の【車】だったとしたら
確実に旧車感が出るのですが





IMG_20161205_143256
サイドカウルの上にあるのはチョークレバー・・・・・


ん? NR750はFi車・・・・



じゃあMC28NSR250Rと一緒でハンドルロック・・・

いや違うハンドルロックはメインキーに有ったな・・・



このレバーはチョークレバーでしたFi車なので
チョークと言うよりはアクセルを僅かに開ける為の
レバーで冷間時に回転が落ちてエンジンが止まらなく
する為のレバーでした

今回はエンジンが冷えていてもこれを使わず
アイドリングしたので効果が良く分かりません

自分のバイクと同じ位置にレバーが有ったので
特に気になりませんでした




IMG_20161205_143328
なんなんでしょうこの造形このカッコよさ

強くブレーキしたらガソリンがアッパー
カウルから出ちゃうじゃん

という心配はありません

テールカウルから全部つながっているカウル
ですので見えているのは【タンクカバー】で
ガソリンタンクはその中に居ます

もちろん見えない所でも一切妥協が無く
軽量なアルミ製のガソリンタンクです




IMG_20161205_143338
IMG_20161205_143348
凄く細かい部分を見てもデザイン性にあふれて
いるので見とれてしまいます

何せ現代では考えられないコストを投入しまくり
この1台が完成しているので現代の最新技術を
見るのも好きなのですが当時の【情熱】を感じ
ながらバイクを眺めてしまいます
  眺めてないで早く計測始めろ!(視聴者の声)



IMG_20161205_145834
耐久レースをモチーフとした給油口

オプションパーツで耐久レースの様なクイック
チャージャーに対応できるキャップキットが当時
売られていたか記憶に有りません


なんとゆう豪華なコクピット


またがれるなんて幸せです ワタクシ






IMG_20161205_143216
【スピード】【タコ】【油温】【油圧】【水温】

飛行機のコクピットのように様々なメーターが
並んでおります純正で油圧計がついている
バイクって他にあまり見かけません







さぁぁぁて!!!








IMG_20161205_150539
IMG_20161205_143434







計測開始です










今回は動画を先にご覧ください

勉強がてら色々なエフェクトと著作権がない音楽を
初めて取り入れちょっとカッコ良く作ってみました

もはや何屋かわかりませんがオートバイパーツ
専門店がお送りする動画をお楽しみください

画質は1920x1080ですのでハイスペックな
マシンで見る場合はYOUTUBEの画質設定を
1080に変えて頂ければ切れキレイに見れます
     デジカメの音声は8bitでした・・・・  とほほ








冒頭でも書きましたが当日タブレットと低性能の
デジカメの用意しかなく肝心の肝心の肝心の!

【NRサウンド】

お伝え できておりません


機会があれば【良音バージョン】を撮り直したい
なんて思ってしまいます


ちなみに前回の新型CBR250RRはNRの後に
撮影したのでその後悔があってエンジン音や
マフラー音が伝わるよう幾分こだわって動画を
撮っております

バイクってサウンドも大事ですからね

【エンジン音シリーズ】の動画を作っても
バイク乗りにうけるかもしれませんね

なにしろ様々なバイクがダイノマシンに載りますし
一般道では通りすぎてしまいますがダイノマシン上
では低回転から高回転までリアルなサウンドが
聞けますので

ダイノマシンでサウンドにこだわった動画って
世界でもあまり見ないですし

検討してみます




あっ 動画でも出てきたパワーグラフです

国内仕様に欧州のパーツを組み付けフルパワー化
されているこちらのNR750

そしてESPERワンオフのスリップオンマフラー



国内仕様は

77ps /11500rpmです


NR750 PCR


国内仕様+吸気系チューン と ワンオフマフラー
107hp /15000rpmでした


15000rpmのレッドゾーン手前まで回しても
ピークパワーが計測できませんでした

欧州仕様は130ps / 14000rpmなのでマフラーを
社外にしているとは言えちょっとピークパワーが
高回転に寄っている気がします

カムシャフトに欧州用は無いはずなので点火
マップだとは思うのですがスミマセンそこは
実績と経験と知識が無くてわかりません

ECUが国内仕様のままだとするとありえるの
でしょうか???  んーーーー

16000rpmまで回せばピープパワーが見える
気がしますが・・・・



OVALPISTON


かといって ただでさえ【楕円ピストン】という巨大な
ピストンが15000rpm回っていると考えただけでも
恐ろしいのにレッドーゾーン以上まわすなんて怖くて
できません

いつも『いいよレッドゾーン入っても回しちゃって
というお客様のリクエストは容赦なく聞き 容赦なく
レッドゾーンにブチコムのですが

もしこのNR750のオーナー様にリクエスト
されてもちょっと嫌です

数々のバイクを計測してきている自分でも
縮みあがってしまいます

レースでは20000rpm付近を常用していた
楕円ピストンですので【公道用】でコンセプトや
形状が違いますが15000rpmで壊れるほど
ヤワなピストンでは無いと思いますが


ちょっと余談ですが

NR750のパワーチェックをしたとゲキレツ
興奮していたワタクシを見て哀れに思ったのか
こんな雑誌を頂いちゃいました


IMG_20170130_182142IMG_20170130_182048
        キクリンありがとーーーー!


NR750のエンジンについて開発した方々に実際に
声を聞きまとめた文献です

上記 文章中に出てきた【ウンチク】はほとんど
インターネットを参考にしたわけでは無くこちらの
雑誌を参考にさせて頂いております

かといって元々大好きなバイクなのでちょっとは
詳しいつもりなんですが

ピストンリングは元々4分割式をテストしたり2分割
だったり結局うまくいかず 最終的に1本リングに
なったという経緯やNR750のオーバルピストンは
公道版は直線部分(サイドが平面)が無い【楕円】で
レーサーのNRのピストンは側面に平面の部分が
ある【楕円】なんだそうです

上の雑誌はフレームだったり足回りだったりクランク
シャフトの細かい説明だったりコアなNR750情報が
詰まった雑誌です

それを見てちょっと勉強しました



それだけじゃないんです



自宅に【昔から保存してあるバイク雑誌】はNSR関係の
雑誌とバリバリマシン 他あと2冊あるのですが





そのうち1冊はこれですからね




IMG_20170130_182446
IMG_20170130_182500



この雑誌に全バラの写真と国内仕様をフルパワー化
するには何のパーツを交換しなければいけないのか
全て載っているのでインターネットでは全然出てこない
情報・知識があったりしちゃいます

それだけ 昔から好きなバイクって事です



念願のNR750堪能しちゃいました

憧れのバイクのエンジン音を聞けるだけでも
嬉しい事なのにそれをまたがってアクセルを
ひねって15000rpmまで回せるなんて

バイク人生の大きな経験になりました



凄く前から『NR750来ないかなーーー』と言って
いたので本当に来るとは思いませんでした

その機会を頂いたオーナー様ありがとうございます

そして ブログの掲載とパワーグラフの公表を
許可して頂き バイク業界にとっても凄い
貴重なデータ公表だと思います

恐らくYOUTUBEでNR750のダイノマシン映像は
世界初だと思いますし

ありがとうございました


あと 以前のブログでもしつこく しつこく


『あとはNR750とRVF750が
  来れば希望の車種はだいたい・・・・』


なんて話していたので 後は 後は




RVF750 RC45




が来れば とても嬉しいです







なんて 話していると・・・・・・・







えっ?




えっ?



えっ?




『RVF750のパワーチェックできますか???』







うわぁぁぁぁぁぁぁ!! 本当にきたーーーーー




と言うわけでまたまた時間がかかると思いますが
RC45 RVF750 パワーチェックレポートお楽しみに


しかも 今回のブログの動画は タブレット動画で
NRサウンドが完全に死んでしまっているので
その反省を生かしRVF750は【音に こだわった】
良音バージョンでお届けできたら




 和光2りんかん 何屋かわからない





自分でも そう思いますが こんなビッグなブログネタを
バンバンあげられるのは日本でもそんなに無いと
思うのでネタがあるうちはバイク乗りに喜んでもらえる
ネタを載せようと思います


ブログや動画作るの超 超 超大変で動画なんて
有り得ない時間を費やしておりますがお客様から
『ブログ面白かったよ』なんて言ってもらえると
燃えちゃいます



こんなに苦労したのであれば【有料コンテンツ】でも
良いような気がしますが

自分もイヤイヤでなく好きでこんなブログを
書いているので書きながら楽しんでおります

これが期限が決まっていたり やらされている
仕事であればつまらない内容になってしまう気が



では 次のパワーチェックレポートは前回の新型CBR
みたいにビッグな緊急ネタが飛び込みで入らなければ
RC45 RVF750になると思います



長々 と 読んで頂きありがとうございます




雑誌にしたら 何ページなんだろ・・・・?【独り言】


嫁さんに『エヌエスアールからエヌアールに乗り換えるね〜!』
  って言ったら 『どうぞ!』 って言われちゃうのかな?【独り言】




パワーチェック
 レポート過去未来記事


   タップ or クリックすると展開します
-------------------------------------------
【パワーチェックレポート】

レポート1 V−MAX RZV500
レポート2 TZR250 FCR装着車
レポート3 T−MAX560【ボアアップ】
レポート4 バケモノハーレー
レポート5 VJ23A ガンマ
レポート6 ドラッグマシン ハヤブサ
レポート7 フルノーマル車
レポート8 FCR&TMRのセッティング指南
レポート9 PCX170 Fiセッティング
レポート10 GROM キャブレター化!!
レポート11 MT09 フルノーマル車
レポート12 YZF−R25 馬力のウワサ
レポート13 PCX Fiセッティング 2台
レポート14 シグナスX Fiセッティング
【番 外 編】 スミマセン 無免許でした・・・
レポート15 1400GTR T−REVαシステム
レポート16 MT09 ワイバンマフラーの実力
レポート17 60馬力ダウン!2015 GSX-R1000
レポート18 H2 スーパーチャージャー!凄凄!
レポート19 TZR250【1KT】フルチューン
レポート20 2015 新型YZF−R1!
レポート21 世界最強バイク H2R!
レポート22 超高級車! DUCATI 1199 PANIGALE
レポート23 異次元のNSR250R その1
レポート24 異次元のNSR250R その2
レポート25 YZF-R25 AKRAPOVIC スリップオンマフラーの実力
レポート26 PCX Fiセッティング 3台
レポート27 YZF−R25 vs YZF−R3
レポート28 V−MAX1700ドラッグ
レポート29 希少車! KTM RC8
レポート30 MT10 国内にまだ数台!
レポート31 異次元のNSR250R その3
レポート32 当店過去最高馬力!V−MAX1700ターボ!
レポート33 2017 新型CBR250RR!!
レポート34 NR750【国内】チューン車!
レポート35 RVF750【RC45】V4-750ccサウンド!!
レポート36 RVF750【RC45】フルパワー化成功!!
レポート37 DUCATI 900MHR 超カスタム車
レポート38 2017 新型CBR1000RR-SP!
レポート39 2017 新型CBR250RR国内仕様!
レポート40 2017 新型GSX−R1000 + ECUチューン
レポート41 RVF750【RC45】フルパワー車!!その2
レポート42 当店最高馬力!最強のSR400
レポート43 CBR250RR ECUチューン!
レポート44 PCX170 Fiセッテイング
レポート45 CBR1000RR & GSX-S1000F ECUチューン!
レポート46 RVF750【RC45】(改)逆車フルノーマル
レポート47 馬力を計るだけじゃないんです!!!!
レポート48 2014 CB1300SB [SC54] ECUチューン!
レポート49 激変!2013〜 ZX-6R [ZX636R] ECUチューン!
レポート50 GSX1300R ハヤブサ[国内仕様]ECUチューン!
レポート51 激ヤバ!V-MAX1700[国内仕様] ECUチューン!
レポート52 2スト インジェクション!TE250i!
レポート53 MONKEY125 フルノーマル!
レポート54 900万円!1299 SUPER LEGGERA!!!!!
レポート55 250ccナンバー!超高性能電動バイク!
レポート56 2018 NINJA400 BEETフルエキ!

※ クリック or タップすると過去記事に飛べます
-------------------------------------------

※2019 6月リストのみ更新





https://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/6/8/68a9119f.gif

【和光2りんかん】
     埼玉県和光市下新倉5−11−1
         TEL 048−452−6290







バイク用品専門店 2りんかんオフィシャルサイトはこちら 
業界初!タイヤパンク補償取扱中
簡単につながる次世代インカム
バイク車検は2りんかん!29,800円〜
バイク任意保険・自賠責保険取扱中  
正社員・アルバイト募集中



ds258 at 15:30 
記事検索
最新記事
店舗別記事