2018年12月07日

和光2りんかん NSR250R ラビリンスセンターシールクランクシャフト レポート!!その3【和光】

和光2りんかん チューニングパーツ担当
 & パワーチェック担当 の かのう です

全国の かのうファンの方お待たせ致しました
  嘘です。。。  10人位は居るかな・・・・・




前回記事

その1

ラビリンスセンターシール
クランクシャフトダイノテスト!

http://2rinkan.blog.jp/wakou-2rinkan/2077368



その2

ラビリンスセンターシール
クランクシャフト装着しました!

http://2rinkan.blog.jp/wakou-2rinkan/2086537




初めて お読みになる方は上記の
 リンクをご覧下さい



NSRラビリンスその3


今回その3です

最初の発表からNSR250Rオーナーからの
反響が高く 全国で話題になっております

よく分からないメーカーが作った物では無く
あの!あの!井上ボーリングさんが考案した
ものとあって更に更に話題沸騰中です


上記2つのブログを書かせて頂きましたが
反響の凄まじさに驚き隠せません

当店に来店されるNSR250Rのオーナー様は
ほとんど読んで頂いていて日本全国から電話で
問い合わせを受ける際も皆様 結構な確率で
読んで頂いてます


『レポート期待してますね!!』


なんて言われると 早くしなければ!!!
と思う反面 わかりやすく詳細にレポート
しなければと焦りながらも凄く時間をかけ
今回のレポートに臨みました

なんと言ったってNSR250Rに乗っていない
お客様や業界人の方やメーカー様まで
あらゆる人から『レポート楽しみにしてます』
とありがたい言葉を多数頂きました

公道テストマシンは僅か2台

自分はほぼ毎日NSRに乗りますし
ダイノマシンによるテストをしたり
NSR250Rのパワーグラフでしたら
日本一持っている和光2りんかんで
比較のデータを多数持っていますし!
NSR250Rの知識はある方だと思って
いるので日本で最もテスターに適した
のは自分だと勘違いして語らせて
頂きます

あまりテングになるとアンチが増えそう
ですので・・・・


そして第4ロット目のラビリンスクランクの
テスト品が出発したと連絡がありましたので
今後 更に公道でテストされるNSR250Rが
増えるという事で!その前に1番 最初の
テスターである自分が詳細にレポートを
あげないとそろそろ怒られます


NSR250R ラビリンスシール2 006
ラビリンスセンターシールクランクを
組み込んだエンジンを搭載し2000km
ほど走行しました

5000回転しばりの慣らしをかなり丁寧に
500km位行いその後徐々に回転をあげて
1000kmまでは全開走行は控えました

と言ったってNSR250Rを全開走行できる
場所なんてサーキット以外ありませんので
1000kmまではダイノマシンのテストを
我慢したというのが正解でしょうか


馬力のレポートを楽しみにしている方が
多いのも知っておりますが今回は!

ラビリンスセンターシールクランクとは
どういうものなのかと言うのを詳しく
説明しようと思います


というのもお客様とお話をしてもNSR250Rの
エンジンがどのようになっていてセンターシールが
そもそもなんなのかを知らない人が非常に多い事が
この1か月間で痛感しました

NSR250Rオーナー様は神がかりに詳しい人
そうで無い人との差がありまくります

発売から30年も経っているNSR250R
なので当たり前な話ではありますが



まずは長年克服できなかったNSR250Rの
持病でもある【センターシール抜け】について
説明したいと思います


本当はそんな説明は割愛してラビリンスの
走行レポートやダイノマシンレポートなどを
先に書くつもりだったのですが上に書いた
様に2ストの構造やNSR250Rのエンジン
の構造を理解されていない方も多くて・・・・

そんな中に『クランクセンターシール』とか
『1次圧縮が・・・』とか『ラビリンスが・・』とか
を語ってもラビリンスセンターシールの
良さ・凄さが伝わらない気がして・・・

自分の周りは神がかり的な知識の持ち主
ばかりですのでその人の顔ばかり浮かんで
説明不要だと勘違いしてしまいます

自分は20年以上NSR250R乗りで この
業界に長く居ますので [当たり前] に話して
しまうのですが最近NSR250Rを買われた
人も多く これから買おうと思っている人も
ひょっとしたら多く居るかもしれないので!
まずは基礎?から話をしようと思います

クランクの話が基礎かは疑問ですが・・・


詳しい人はオサライ的に読んで頂ければ



NSR250R labyrinth2 037
クランクシャフトの間(中心)に有るのが
センターベアリングです

NSR250Rのエンジンは2ストローク
そして【クランクケースリードバルブ式】
エンジンですので

ピストンが上がった時にキャブから空気を
吸い込みクランクケースへと導きます

吸い込んだ空気(混合気)を下がって来た
ピストンで押し潰して混合気をシリンダーに
送る仕組みとなってます



NSR250R 94SP OH055
ピストンで押し潰した時にキャブに逆戻り
させない為の弁が【リードバルブ】です


NSR250R labyrinth2 033
そして手で持っているのがコンロッドですが
ピストンが上がった時にコンロッド付近に
混合気が吸いこまれピストンが下がって
来た時にコンロッド付近の混合気が押し
潰されてシリンダーに送られます

NSR250Rはピストン・シリンダーが2個の
【2気筒エンジン】ですがこの2個のピストンが
同じタイミングで動くわけでは無く【交互】に
動く為に片方のケースが【圧縮】になった時
もう片方のケースは【吸気】になるんです

普通のベアリングだと片方が【吸気】で
片方が【圧縮】なら反対側のケースに
抜けてしまいます

圧縮だけでも漏れますが更に片側から
吸い込まれる力も有りますので

V型エンジンにしろパラレルツインに
しろ同時に吸気され同時に圧縮が
起こる2ストはタブンないのでTZRに
しろガンマにしろ同じ事が言えます


IMG_20180625
NSR250Rはゴム製のオイルシールを
使用して左右の1次圧縮をせき止めて
おります



DSC_4320
そうですこの1個のオイルシールがダメに
なるだけでエンジンがかからなくなるなど
致命傷を負うんです


DSC_4321
NSR250Rのセンターシール・・・

ゴム製と書いてますが金属のプレートに
樹脂を成型&コーティングしている様な
感じの物です

ゴムというよりはシールのリップ部分も
結構固いのでプラスチックという表現が
正しいかもしれません

という事でNSR250Rのエンジンの
コンディションはこのオイルシール
ひとつ
で左右されてしまいます

ベアリングが砕けるというアンラッキーな
NSRをまれに見かけますがNSR250Rの
エンジンの寿命はこのオイルシール問題
だけ解決すれば6万キロとか10万キロ
オーバーも夢ではありません

ラビリンスシールはそれを実現してくれます

25000kmで抜けてしまう場合もあったり
60000kmもつ場合もあったり・・・・

そんな気まぐれなゴム製センターシール
とはオサラバできるわけです

NSR250R labyrinth2 040
そもそもサイドシールが先に逝くと
思いますので10万キロは無理・・・かな。。。




1次圧縮 ゴム製シール ラビリンスシール
クランクケース コンロッド・・・・・・

これ以上長々と説明するとそれだけで
5話くらいブログを書かなければいけ
ないので動画を作ってみました

写真や説明をいくら書いても分かりづらい
のは重々承知ですし動画だけでも
ダメなので・・・

これを作るのに相当な時間がかかって
しまいましたが世の中にNSR250Rの
エンジンの説明やクランクセンターシール
を説明した動画はありませんので頑張って
作ってみました

笑っちゃうくらい時間をかけたのでタップリ
見て頂けると本人は喜びます

コマ送りなんてして頂けると本人は
更に更に喜びます

パソコンで見る場合YOUTUBEは一時停止
状態からキーボードの【ね】or【る】を押すと
コマ送り・コマ戻しができるの知ってますか?

ピストンやベアリング等のパーツをイラストで
1個 1個作って70以上を同時に動かして
NSRのエンジンを表現してみました

ひとつ言っておきますが自分は暇人では
ありません寝る時間を削って
仕上げてみました

ブログは楽しんでやっているのと 読んで頂ける
方が日本全国沢山いると思うと頑張っちゃいます










こんな感じにラビリンスシールの恩恵はすばらしく
寿命自体が存在しないのと接触していないので
ゴム製オイルシールのように大きな抵抗が無い
のが特徴です



NSR250R labyrinth2 006
NSR250R labyrinth2 007
これをNSR250Rのクランクシャフトに
使用しようなんて考える井上ボーリングの
井上社長様 やっぱり凄い人です


そして様々なネットのコメントや意見を
見させて頂きました


ラビリンスシール????


今さら????


ラビリンスシールなんてTZR250は1KT
だってラビリンスシールだしR1−Zだって
ラビリンスシールだぜ????

新しい技術じゃなくね???


何件か書き込みを見ました


そうなんですラビリンスシール自体は
ぜんぜん昔からありますし2ストエンジンにも
使用されてきたものなので新しく現代に出て
来たものではありません

なのでブログでも新商品とかではなく
あえて【新技術】と書いてきました


それと何件か見たのは

NSR250Rがラビリンスにしなかった
のはオイルシールの方が良かったから
じゃね???


もちろん 当時 ホンダさんもラビリンスを
知らない訳が無いでしょうしオイルシールを
選択した理由があります

オイルシールにした方がクランクシャフトの
横幅が狭く作れるんです

幅を抑えられた方がエンジン自体も小さく
作れますしエンジンの幅が小さくできると
バンク角が確保できたりエンジンを車体の
中心に載せやすくなったり

ラビリンスシールではなくオイルシールを
選んだ理由はそこにあるとの事です

NSR500Vのクランクセンターシールも
ゴム製のオイルシールだったりします
       完全に余談ですが



なぜラビリンスじゃダメだったのか?

なぜラビリンスじゃダメだったのか?

なぜラビリンスじゃダメだったのか?



当時ゴム製オイルシールより幅が少ない
ラビリンスがそもそも存在したのかしな
かったのか あったけれどエンジンに
使用できるものが無かったのか信頼性が
????だったのかとにかく大きいもの
しか存在しなかったのか


それは当時を知らないので断言が
できませんが・・・


自分もTZR・R1−Zのクランクセンターに
使用されているラビリンスシールの現物を
見て驚きましたが




NSR250R labyrinth2 010
1KTからのTZR250やR1−Zの
クランクシャフトセンターで1次圧縮を
せき止めている【ラビリンスシール】

どうでしょうか?ビックリする位大きいです


NSR250R labyrinth2 009
凄い幅です

中の溝が時間稼ぎをする為の【部屋】です
部屋の数と長さで時間稼ぎできる長さが
変わるのだと思います


オイルシールと比べてどちらを採用と
いうのはこれで想像ができますね

VJ23A RGV250ガンマのセンターシールも

3XVのTZR250もゴムオイルシールです

接触式オイルシールと呼ぶ場合もあります



しかし現代にはこんな極薄のラビリンス
シールがあったんですね!

対してこの非接触式のラビリンス
シールですが

NSR250R labyrinth2 020
井上ボーリング考案NSR250Rラビリンス
センターシールクランクに使用されている
ラビリンスシールのカットモデルです

NSRのベアリングに組み込む前の
加工前のラビリンスシールの!
カットモデルです

この件(くだり)は動画ですでに説明
しているからいいか・・・・


NSR250R labyrinth2 015
NSR250R labyrinth2 016
こんな極薄のラビリンスシールが
存在することも驚きですが

このサイズのラビリンスをこう加工して
NSRのベアリングにはめ込んで・・・・

そうしたらNSR250Rの非接触のセンター
シールになるのでは???  と考える
井上社長が凄すぎます


NSR250R labyrinth2 021



先日の井上ボーリングのラビリンス発表
イベントに参加して来ましたが

井上ボーリング工場見学 ブログ
http://2rinkan.blog.jp/wakou-2rinkan/2087309



NSR250R labyrinth2 013
NSR250R labyrinth2 012
ラビリンスセンターシールクランクの
エンジンを実際にかけてお披露目
してきました


NSR250R labyrinth2 011
メンバー3000人を超えるNSR250R
コミュニティの会長様もエンジンを吹かして
音を聞いてエンジンの吹け上がりを体感
しておりました

当日雑誌社も7社来ていたので各誌
記事になっております



吹かしてみて・・・・


ラビリンスセンターシールが
  入っているのが分かるか?


       ・・・ ですか??



分からないと思います(笑)





良い意味でわかりません


エンジンも普通にかかりますしアイドリング
だっていたって普通です

非接触で抵抗が皆無のシールなので

『吹け上がりが鋭くなったか?』

と問われても 分かりません


それがまた凄いところなんです

あの金属製のラビリンスシールがオイルシールに
変わってしっかり機能しています

多少でも漏れがあったらエンジンはかかりづらく
なるでしょうしアイドリングも不安定になります

まったくありません絶好調です

見かけでは変化がみられないのでラビリンス
搭載かは気付かないと思います




しかしながら!!!!!




体感は凄いです変化ありです




そこらへんを次回のブログでレポート
したいと思います



クランク組み付け時の風景を交えて
抵抗の少なさと走行時の体感の
レポートをします

時間がかかっていたのは上の動画
なので次回はすぐ投稿できると思い
ますのでしばしお待ちください


ではではマニアックな長文をお読み頂き
ありがとうございました





NSR250R過去記事
クリックすると展開します
-------------------------------------------

【NSR250Rブログ 過去記事】


NSR250R担当 の 愛車紹介南大沢店時代

NSR250R その1 オイルポンプ交換
NSR250R その2 MC21不調の原因
NSR250R その3 最強NSR来店
NSR250R その4 ステムOH 南大沢店時代
NSR250R その5 クラッチ交換 南大沢店時代
NSR250R その6 エンジンOH中南大沢店時代
NSR250R その7 RCバルブワイドプーリー 南大沢店時代
NSR250R その8 吸気ポート加工 南大沢店時代
NSR250R その9 DLCピストンピン
NSR250R その10 94SP カスタム日記1
NSR250R その11 94SP カスタム日記2
NSR250R その12 94SP カスタム日記3
NSR250R その13 MC21 & MC28 カスタム2台
NSR250R その14 純正部品 再生産開始!!
NSR250R その15 異次元のNSR250R 1
NSR250R その16 異次元のNSR250R 2
NSR250R その17 純正部品 再生産開始! その2
NSR250R その18 ウソでしょ?超重要人物 来店!
NSR250R その19 純正部品 再生産開始! その3
NSR250R その20 MC28 完全に沈黙・・・
NSR250R その21 30周年 限定Tシャツ発売
NSR250R その22 純正部品 再生産開始! その4
NSR250R その23 雑誌企画!PGM3 徹底テスト!
NSR250R その24 異次元のNSR250R 3
NSR250R その25 NSR雑誌PROSPEC入荷!
NSR250R その26 純正部品 再生産開始! その5!
NSR250R その27 純正部品 再生産開始! その6!
NSR250R その28 純正部品 再生産開始! その7!
NSR250R その29 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 1
NSR250R その30 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 2
NSR250R その31 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 3
NSR250R その32 危機一髪!ハチハチNSR250R
NSR250R その33 イベント告知!AREA NSR!
NSR250R その34 200台オーバー!AREA NSR!
NSR250R その35 純正部品 再生産開始! その8!
NSR250R その36 NSR250Rスーパーボルドール x BERINGER
NSR250R その37 エンジンを焼かない走り方 伝授
NSR250R その38 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 4
NSR250R その39 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 5
NSR250R その40 乾式クラッチ専用 ギヤオイル まとめ
NSR250R その41 MC28 車速補正ユニット完成!!!
NSR250R その42 最新LEDヘッドライト装着!!!
NSR250R その43 馬力を計るだけじゃないんです!
NSR250R その44 MC16 ワンオフチャンバー製作 その1
NSR250R その45 MC16 ワンオフチャンバー製作 その2
NSR250R その46 ラビリンスセンターシール クランクシャフト
NSR250R その47 純正タンクをペイントで【再現】
NSR250R その48 94SP メンテナンスレポート
NSR250R その49 94SP メンテナンスレポート
NSR250R その50 96SP メンテナンスレポート

VJ23A RGV250Γシリーズ

※クリック or タップすると過去リンクに飛べます

-------------------------------------------


2りんかんSNSリンク
クリックすると展開します

【ライダーズスタンド和光2りんかんHP】
https://2rinkan.jp/shop/258wako/

【和光2りんかん YOUTUBE】
https://www.youtube.com/user/RSWAKOU2

【和光2りんかん FACEBOOK】
https://www.facebook.com/RSWAKO2/

【2りんかん公式FACEBOOK】
https://www.facebook.com/2rinkan/

【2りんかん公式INSTAGRAM】
https://www.instagram.com/2rinkan/

【2りんかん公式TWITTER】
https://twitter.com/2rinkan



http://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/6/8/68a9119f.gif

【和光2りんかん】
     埼玉県和光市下新倉5−11−1
         TEL 048−452−6290



バイク保険は和光2りんかんにご相談ください

ds258 at 16:29和光2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事