2019年08月30日

和光2りんかん 【NSR250R】94SPロスマンズ 発電不良編 【和光】

和光2りんかん チューニングパーツ担当
 & パワーチェック担当 の かのう です



NSR 94SP TOP




NSR250R過去記事
クリックすると展開します
-------------------------------------------

【NSR250Rブログ 過去記事】


NSR250R担当 の 愛車紹介南大沢店時代

NSR250R その1 オイルポンプ交換
NSR250R その2 MC21不調の原因
NSR250R その3 最強NSR来店
NSR250R その4 ステムOH 南大沢店時代
NSR250R その5 クラッチ交換 南大沢店時代
NSR250R その6 エンジンOH中南大沢店時代
NSR250R その7 RCバルブワイドプーリー 南大沢店時代
NSR250R その8 吸気ポート加工 南大沢店時代
NSR250R その9 DLCピストンピン
NSR250R その10 94SP カスタム日記1
NSR250R その11 94SP カスタム日記2
NSR250R その12 94SP カスタム日記3
NSR250R その13 MC21 & MC28 カスタム2台
NSR250R その14 純正部品 再生産開始!!
NSR250R その15 異次元のNSR250R 1
NSR250R その16 異次元のNSR250R 2
NSR250R その17 純正部品 再生産開始! その2
NSR250R その18 ウソでしょ?超重要人物 来店!
NSR250R その19 純正部品 再生産開始! その3
NSR250R その20 MC28 完全に沈黙・・・
NSR250R その21 30周年 限定Tシャツ発売
NSR250R その22 純正部品 再生産開始! その4
NSR250R その23 雑誌企画!PGM3 徹底テスト!
NSR250R その24 異次元のNSR250R 3
NSR250R その25 NSR雑誌PROSPEC入荷!
NSR250R その26 純正部品 再生産開始! その5!
NSR250R その27 純正部品 再生産開始! その6!
NSR250R その28 純正部品 再生産開始! その7!
NSR250R その29 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 1
NSR250R その30 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 2
NSR250R その31 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 3
NSR250R その32 危機一髪!ハチハチNSR250R
NSR250R その33 イベント告知!AREA NSR!
NSR250R その34 200台オーバー!AREA NSR!
NSR250R その35 純正部品 再生産開始! その8!
NSR250R その36 NSR250Rスーパーボルドール x BERINGER
NSR250R その37 エンジンを焼かない走り方 伝授
NSR250R その38 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 4
NSR250R その39 乾式クラッチ専用 ギヤオイル 5
NSR250R その40 乾式クラッチ専用 ギヤオイル まとめ
NSR250R その41 MC28 車速補正ユニット完成!!!
NSR250R その42 最新LEDヘッドライト装着!!!
NSR250R その43 馬力を計るだけじゃないんです!
NSR250R その44 MC16 ワンオフチャンバー製作 その1
NSR250R その45 MC16 ワンオフチャンバー製作 その2
NSR250R その46 ラビリンスセンターシール クランクシャフト
NSR250R その47 純正タンクをペイントで【再現】
NSR250R その48 94SP メンテナンスレポート
NSR250R その49 94SP メンテナンスレポート
NSR250R その50 96SP メンテナンスレポート
NSR250R その51 ラビリンス クランク その2
NSR250R その52 ラビリンス クランク その3
NSR250R その53 ラビリンス クランク その4
NSR250R その54 純正部品 再生産開始! その9
NSR250R その55 雑誌企画テスト ハチハチPGM編
NSR250R その56 雑誌企画テスト 5種のガソリン編
NSR250R その57 雑誌企画テスト 11種チャンバー編
NSR250R その58 NSR250Rが150台OVER!
NSR250R その59 純正部品 再生産開始! その10

VJ23A RGV250Γシリーズ

※クリック or タップすると過去リンクに飛べます

-------------------------------------------



今回はNSR250Rのメンテナンス
レポートです

和光2りんかんNSR250Rに特化して
おりますがマニアックな内容だけでなく
【普段こんなメンテナンスもやっており
ます】というブログです

ワタクシのブログは【日記】というより
雑誌のページを作るような感覚で
書いているので【ブログを読もう】と
言う感覚で読むと長ったらしいです

何回かに分けてしまうとGoogle等の
検索も分かれてしまうので1回で
書き上げたい主義です



今回は94年式NSR250R-SPの

発電不良

についてお話します


そして ご入庫いただいた時に

エンジンのかかりが悪い・・・・

始動してもエンジンが不安定・・・・

プラグがすぐかぶってしまう・・・

というNSR250Rだったのですが
悪さをしている原因も突き止めたので
そちらもレポートします

初めてみる【事例】だったので自分でも
ちょっとビックリしました



まずは発電不良のお話から

和光2りんかんでは年間数えきれない位の
バイクが入庫しましてNSR250Rだけ
でも年間数十台のメンテナンスをさせて
頂いておりますが

その中でも【発電不良】を起こしているNSR
は年間 数台位は 入庫します





ほとんどの場合はコイツが原因




発電不良ではなく安定器不良ですが

94SP NSR250Rメンテナンス 005
レギュレート・レクチファイア

NSR250Rに詳しい方は写真を見て

『あっ・・・ 対策品じゃない・・・・』

と思ったと思います


94SPも25歳・・・そんなに経っている
バイクですが未だに新車当時のレギュレターが
着いている事は珍しくありません

写真の様にフィンが無いものは当時物





こちらが対策品です

2016-08-24_14-40-44
レギュレート・レクチファイアは[余った電気]を
[熱に変換]して放熱するので手で触れない位
熱くなる部品ですが【対策品】はフィンが追加
されて放熱能力を上げ内部電子パーツが熱に
より劣化するのを抑えます


そんなレギュレート・レクチファイアは

レギュレーター【電圧制御装置】さんと
レクチファイア【整流装置】さんが
一緒になった機械です

バイクのジェネレーター【発電機】で発電された
電気は【交流】でそのままでは利用ができない
ので【交流】を【直流】に変える【整流装置】が
必要ですこの整流をするのがレクチファイア

手で回す発電機を使用した事が有る人は
イメージが着きやすいと思いますが
回転数が上下すれば発電量も
変わります

そしてバイクは高回転ではエンジンの点火に
電力が持って行かれるなど【発電】と【消費】が
複雑に入り乱れるのがバイクです

その変動する電圧を調節してくれるのが
レギュレター【電圧制御装置】さんです

レギュレターが機能しないと17Vオーバーが
バイクに行き渡ってしまい様々な部品が
電圧オーバーで壊れます

大体のパーツは許容電圧を持たせてあって
少しオーバーしただけでは大丈夫なように
なっておりますが

瞬間的な超高電圧や長い時間の高電圧
にはさすがに耐えられません

レギュレターはバイクにとってとても重要な
パーツのひとつです

大体『レギュレーター』『レギュレーター』と
呼ばれますがレギュレート・レクチファイア
ですのでお間違いなく

交流で動いているバイクもあるのでレクチが
着いていないバイクも存在しますが

消耗品ですので使用数年ごとの交換が
必要なパーツです



そして!このレギュレート・レクチファイアが
劣化してしまうと

電力が制御できなくなり高電圧に
なってしまう事もありますが

ジェネレーターが頑張って発電した電力が
劣化したレギュレターで低く制御してしまい
電圧が低くなってしまうケースがほとんど

高電圧を発生する場合はバッテリー本体に
17Vオーバーの電圧がかかってしまい
バッテリーが破損してしまう事があります

酷い場合だとバッテリーが膨らんでしまい
バッテリーケースから取り出せなくなって
しまう事もあります

今回の話はNSR250RですのでNSRの
場合は電圧が落ちてしまうケースの方が
圧倒的に多いです

このレギュレート・レクチファイアを交換すれば
発電不良が直るケースがほとんどですので
ご安心下さい 安定器不良か・・・




しかしながら・・・・・





レギュレート・レクチファイアを交換しても
電圧が上がらない場合・・・・



っていう説明を
 これからしていきます




NSR250Rは

バッテリー電圧

 & 発電 電圧
       がとっても重要です

バッテリーがとても重要と言うよりは
重要なパーツ【PGM】を守る為に
バッテリーは常に元気な状態を
保つ事が望ましいです

94年式以降のMC28 NSR250Rは
電圧が10V台まで電圧が落ちてしまうと
PGM4の起動電力に達しなく電源が落ち
てしまいます

カードキーを差しても点滅を繰り返したり
走行中にキルスイッチを【OFF】にした
様に急にエンジンが止まってしまう場合は
NSR250Rのバッテリー不良 & 発電
不良が高確率で原因となっております


というわけで今回の94 NSR250Rの
電圧を測定してみます

通常計るのはテスターを使用しますが
ブログ用に見やすいデジタル電圧計で
説明しようと思います

充電した12.8Vの元気なバッテリー
装着しエンジンをかけます




94SP NSR250Rメンテナンス 002
アイドリングの時の電圧です

11.7V・・・

12.8Vの元気なバッテリーですが・・・
エンジンをかけアイドリングしてるのに
バッテリーに供給されてるのは11.7V
しかありません

エンジンが周り発電しているはずなのに
バッテリーの電圧より低いんです

【発電】より【消費】の方が多いんです

これではせっかく充電したバッテリーでも
すぐに無くなってしまいますね



94SP NSR250Rメンテナンス 001
そしてエンジン回転数を5000rpm
付近まで回してみます

12.4V・・・

完全にアウトですね・・・


12.8Vの元気なバッテリーを投入して
この発電電圧です

走行すれば12.8Vのバッテリーは
どんどん消費して行きますので

5000rpm以上で走っていれば
大丈夫かもしれませんが街乗りで
回転が上がらない走り方をしたり
信号まちを繰り返すと!どんどん
バッテリーが減ってしまいそのうち
アイドリング時は10V台になって
しまうかと思います

上に書いたようにPGM4の起動電圧
は11V後半は無いと駄目なので10V
以下に落ちてしまうと電源が落ちます

発電電圧不良・・・上記 説明しましたが!

そうです!ここでレギュレート・レクチを
交換して解決です


【放熱強化品】純正部品 新品の
レギュ・レクチに交換します



さて! 新品交換後の電圧です


94SP NSR250Rメンテナンス 003

5000rpmまで回転を上げた時の
バッテリー電圧です

14.1V・・・


もう少し欲しいところですが
これでもう大丈夫ですね










言いたい所ですが



アイドリングまで下げると。。。


94SP NSR250Rメンテナンス 004


11.5V・・・


レギュ・レクチを変える前より悪く
なってしまいました

レギュレターはジェネレーター(発電機)で
発電した電気を安定させるパーツ


という事は???



ジェネレーター不良


レギュレター&レクチも劣化してましたが
ジェネレーターも元気が無い様です。。。



しかし!ジェネレーターコイルは廃番で
手に入りません

社外品もありますが・・・・(以下略)




ということで!リビルドをする事にします





94SP NSR250Rメンテナンス 020
エンジン左側スプロケカバーを
外すとフライホイールが見えます

センターのボルトを外します



94SP NSR250Rメンテナンス 011
フライホイールセンターにプーラーが
入るネジ山があるのですが錆びて
完全に埋まっています

錆を取って専用プーラーを装着します



94SP NSR250Rメンテナンス 013
自分・・・何十回とここを外してますが
凄く嫌いです

長期外していない場合はかなりの力を
掛けて回し 『バキ!!!!』っと音と
共に外れます

壊れた事も壊したこともありませんが
フライホイール外しは凄く嫌いです


94SP NSR250Rメンテナンス 014
フライホイールを外すとジェネレーター
コイルが現れます




94SP NSR250Rメンテナンス 015
フライホイールの中にマグネットが埋め
込まれておりジェネレーターコイルの
周りを回ることで電力が発生し【発電】
をするという仕組みです

フライホイールが劣化する事は聞いた
ことはありませんがジェネレーターコイル
は消耗品ですのでもし症状が現れたら
新品交換かリビルドしないといけません

外したジェネレーターコイルをリビルド
して頂ける工場に発送します


------------------------------------------

1ヶ月後・・・・



DSC_4941
工場からジェネレーターコイルの
リビルドが完了し当店へ入荷しました



DSC_4943
DSC_4945
DSC_4946
DSC_4953
う・・・ うつくしい・・・・

新品の様な輝きで戻ってまいりました


配線のコーティングもしっかりされていて
これは耐久性も高そうですね



さっそく取り付けて電圧を測定します



94SP NSR250Rメンテナンス 025
アイドリング時!!

13.5V!!


おおおおぉぉぉ素晴らしい





5000rpmまで回転を上げてみます

94SP NSR250Rメンテナンス 024


14.7V!



サービスマニュアルの規定値内まで
回復しました


バッテリーはフル充電しレギュ・レクチは
新品交換 ジェネレーターコイル リビルド
で発電・充電系は完璧です

細かい事を言うと メインハーネスも
劣化するので発電やバッテリー電圧が
しっかりしててもヘッドライトやPGMに
行く電力は落ちてしまう事もあります

が・・・

こだわる人でないと気にする必要は
ありません



そしてもう一つの宿題!

エンジン不調の原因をつきとめたので
レポートしたいと思います

既にブログが長いんですがNSR系の
ブログが溜まりまくっているので分ける
つもりもありません




エンジン不調の原因は一つではなく
複数ありました

まずは!

94SP NSR250Rメンテナンス 032
NSR250Rでエンジン不調の原因となる
事が多いキャブ周りのゴムホース

もう25年位 無交換というバイクが
ほとんどですので



94SP NSR250Rメンテナンス 033
94SP NSR250Rメンテナンス 034
キャブの左右に刺さっているホース

根元が裂けて穴が空いておりました

これは【エアソレノイド】のホースでして

話すと長くなるのでアレですがこのホースは
メインジェットのノズルにつながっておりまして
破けてしまうとメインジェットのノズルにエアが
常に入ってしまい【エアソレノイド】が働いて
いない状態でも相当な量のエアがジェットの
ノズルに入ってしまうので

メインジェットを何番も小さくしたような効果に
なってしまい非常に危険です

エアソレノイドはわずかなエアの量で制御しますが
ホースが破けるとありえない量のエアがノズルに
行ってしまうのでメインジェットがマイナス20番と
なってもおかしくありません

あくまで20番は【例】ですが

そんな大事なホースが裂けてました


94SP NSR250Rメンテナンス 035
新品に交換します

新品ホースはこんなに径が小さいの
だと思うと笑えてきます

MC28のこのホースはもうそろそろ
在庫限りで終了です。。。201908現在

気になる人は早めの交換をオススメします






そして!!!!



なかなか気づくのが遅れたのですが・・・・


このNSR250Rのエンジン不調!
特に冷間時のアイドリング不良の
原因がわかりました!!!

このMC28 94 NSR250R-SP
チョークを引いても片肺になるし
引かないとエンジンがかからず
かかっても止まったり 不安定に
なってしまうんです。。。。



原因がわかりました・・・・


しばらく分かりませんでした。。。
こんな落とし穴があったなんて。。。

94SP NSR250Rメンテナンス 037

チョークのレバーを引くとワイヤーが引かれ
キャブのレバーが引かれてここの部分が
引っぱられるのですが

チョークレバーを引いても


94SP NSR250Rメンテナンス 038
おーーーーい

まったく引かれていない



またがって左のキャブは引かれているので
右のキャブだけはチョークを引っ張っても
チョークが効いていない状態でした

こんな事あるんですね

そんな所 疑っても見なかったので
見逃してしまう所でした

キャブ側のパーツを小細工して修理
左右ともチョークを引けるように
調整しました

これで冷間時のエンジン始動は楽に
なりますね


あとはキャブレターのフルオーバー
ホールをしました

ジェットの清掃や新品ニードルに交換


94SP NSR250Rメンテナンス 041
しばらくオーバーホールをしていないのか
各部汚れが目立ちます


94SP NSR250Rメンテナンス 044
フロートバルブの動きも渋く・・・

94SP NSR250Rメンテナンス 043
フロートバルブ奥も腐食・・・

各部清掃とパーツの新品交換をしました



アンド・・・・


94SP NSR250Rメンテナンス 036
これもダメです。。。。

燃料ホースの間に燃料フィルターが追加
されておりますがNSR250Rには
オススメしません

街乗りでは支障はありませんが高速道で
高回転を持続しなければならないシーン
では燃料が足りなくなるのでNGです



あとは細かい所の修正です

フルノーマルを知っているからこそご提案
できるもので 中古でバイクを買うとどれが
ノーマルでどれが交換されたものかわから
ないオーナーさんがほとんどだと思います

支障が無いものが着いていれば問題が
ないのですが支障が出そうなものは
相談の上交換させて頂きます



まずは!


94SP NSR250Rメンテナンス 029
ガソリンコックのレバーですが。。。

94SP NSR250Rメンテナンス 030

回す時にフレームと干渉して回しづらい。。。



どうしてか わかりますか????



94SP NSR250Rメンテナンス 031
MC21のレバーが着いているからです


それだけです


MC28のレバーは廃番だったよな。。。。

と思ったらいつのまにか復活してました
MC28新品に交換させて頂きました


お次・・・


94SP NSR250Rメンテナンス 006

ここのネジが適当なネジで強く締め付け
られて可哀想なので。。。

94SP NSR250Rメンテナンス 007
純正のネジに交換します

純正のネジは強く締めてもカウルの厚さ分が
計算されているのでカウルが潰される事は
ありません

ロスマンズのカウルは貴重ですので
割れてしまう原因は潰して行かないと
いけませんね


そして お次・・・

94SP NSR250Rメンテナンス 008
タンクのここのカラーがありません。。。


94SP NSR250Rメンテナンス 009
純正新品を装着


『そんな所どうでも良いでしょ???』


と思った人も居ると思います


ここのカラーが無いとタンクが左右に揺れやすく
なりますNSR250Rのタンクは
前1本 後ろ1本のネジでしか止まっておりません

タンクとフレームの所にラバーがありますが
タンクが左右に揺れるとタンクに刺さっている
テールカウルのツメ
がありまして揺れるたび
ツメに負荷がかかりテールカウルのツメが
固定されている部分が割れてしまいます

タンクサイドのラバーが無くなっている場合も
同様に割れてしまいます

テールカウル前側が割れているNSRの原因の
ほとんどは実はガソリンタンクだったりします


というわけでNSR250Rは色々と盲点が
ありまして 知っている人が見ないとわから
ない部分が多いバイクです


???と思ったらぜひご相談下さい




94SP NSR250Rメンテナンス 026
href="https://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/7/2/72d1ac86.jpg" title="94SP NSR250Rメンテナンス 028" target="_blank">94SP NSR250Rメンテナンス 028


ではでは楽しいNSR250Rライフを



今回はご依頼ありがとうございました



追記

モトチャンプ誌の取材でカッコイイ写真を
撮って頂いちゃいました

aba42628



ご覧のとおり和光2りんかんはNSRで一杯です



ではでは






2りんかんSNSリンク
クリックすると展開します

【ライダーズスタンド和光2りんかんHP】
https://2rinkan.jp/shop/258wako/

【和光2りんかん YOUTUBE】
https://www.youtube.com/user/RSWAKOU2

【和光2りんかん FACEBOOK】
https://www.facebook.com/RSWAKO2/

【2りんかん公式FACEBOOK】
https://www.facebook.com/2rinkan/

【2りんかん公式INSTAGRAM】
https://www.instagram.com/2rinkan/

【2りんかん公式TWITTER】
https://twitter.com/2rinkan



【和光2りんかん】
     埼玉県和光市下新倉5−11−1
         TEL 048−452−6290



バイク保険は和光2りんかんにご相談ください

ds258 at 16:45和光2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事