2018年07月28日

座間2りんかん 座間2りんかん修理例〜エンジンストール改善 その◆

*:。.2りんかん唯一の1日車検受付店.。:*


こんにちは。座間2りんかんPITスタッフの ちゃんおく です。

はじまりますね〜鈴鹿8耐
あれを見終わると、夏が終わった気がしてしょうがないです(中の人談)。


さてさて〜、前回の続き。
(前回はこちら
「信号待ちでエンジン止まっちゃうんだけど」の対処法パート兇任

エアクリーナーエレメントもスパークプラグも新品にしたし大丈夫!という場合、
小排気量のバイクの場合次にあやしいのが
『カーボン噛み』
です。

どこに何が噛んでるのかよくわかりませんよね。
なので今日はカーボン噛みのざっくりうんちくブログです


ピストンに溜ったカーボンが飛んで吸排気バルブに挟まることを
「カーボン噛み」といいます。


↓ココ!ココに噛みます。密閉していないといけない所に隙間ができちゃうんです。

s-IMG_2139



























カーボン噛みが起こると燃焼室の密閉環境が作れない

正常な圧縮ができない状態で点火

不完全燃焼となり、
『良いガス ・ 良い圧縮 ・ 良い燃焼』の原則の1つが崩れます。


それによりアイドリング不調やエンジンストールを引き起こすのです。



改善方法はいくつかあります。

そもそもこのカーボンって、不完全燃焼物の塊なんです。
なので、長く乗っていたりする車両や、『良い燃焼』を行われていなかったりすると
蓄積するものなんですね。


なので、蓄積させないために
★エンジンの暖機をしっかりと行うこと
★前回述べたエアクリーナーエレメントやスパークプラグを定期的に交換
★たまには回して乗ってあげる(法定速度内でね!)
が大事。


ちなみにー、
蓄積させないとっても良い方法はまだまだあります!


それは…
次週、『座間2りんかん修理例〜エンジンストール編 その〜』でご紹介!

(今回はひっぱります。笑)



///////////////////////////////
ぜひ過去の整備のあれこれもお読みください
第1回 〜発電不良編〜
第2回 〜発電不良編◆
第3回 〜チェーン編〜
第4回 〜スプロケット編〜
第5回 〜ホイールベアリング編〜
第6回〜フラッシング編〜
第7回〜クーラント編〜
第8回〜ディスクローター編〜
第9回〜ブレーキキャリパー編〜
第10回 〜エンジンストール改善 その 

…まだまだ続きますので今後もお楽しみに〜(*´∇`*)
///////////////////////////////




cm4_02




ds204 at 10:00座間2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事