2018年10月13日

座間2りんかん 座間2りんかん修理例〜キャリパーOH編〜

*:。.2りんかん唯一の1日車検受付店.。:*


こんにちは、修理ブログもいつの間にかずいぶん続けていますね。
座間2りんかんのPITスタッフ ちゃんおく です

正直、内容はかなり地味ですが
まだまだ続けていきたいと思っています。

ちょっとずつ濃い内容にしていきたいと思っていますよ…(′∀`)フフフ
この世にバイクがある限り、整備のネタは尽きることがありませんしね


先日ご依頼いただきましたキャリパーのオーバーホールの詳細を
お伝えしたいと思います


(※少し前にアップしたキャリパーの構造を説明したブログもぜひ合わせてお読みください

キャリパーのカットモデルの写真やオーバーホールとは…なども載せてあって、
わかりやすく説明した(つもりの)ブログです。


さっそく物を見ていただきましょうっ(・∀・)
オーバーホール前がこちらー
s-IMG_2219






















ピストンがサビているのがわかりますか??
あと、この角度からは確認できませんが、ダストシールも飛び出してしまっていました。

ちょっと汁ってますよね。これブレーキフルードの漏れです。


キャリパーサポートも全くといって良いほど動きませんでした…
これじゃブレーキ効かない感じもするしパッドも片減りするし、良いとこナシです

てことで、新品(右側)と比較。
まずピストン。
s-IMG_2231













比較するとどれだけサビていたかわかりやすいですね。
磨いて再利用できることもありますが、今回は新品交換をオススメしました。


こちらがキャリパーサポートを支えているピン。
ブーツの中に入っているパーツです。こちらも新品が右側です。
s-IMG_2230














こ…これは…ッ!!
これだけサビてりゃ動きませんわねー。同じものと思えないぐらいの変貌ぶりっす。
これは磨くうんぬんしないで、即交換が決定しました。


オーバーホールって、不具合が起きているパーツだけでなく、
キレイにするついでに交換した方が良いパーツがあります。

その全パーツがこちら。
s-IMG_2225




















もちろん車両の状態やお客様のご予算に応じてですが、
最低限ここに映っているような
可動部(ピストンなど)、ゴム系パーツは交換オススメです。
フルードを交換する際に触るブリーダーも、フルードが硬化して詰まることがあるので
当店では交換をすすめています。


OH完了〜キレイだぁ
s-IMG_2226


















こういったサビやオーバーホールをしなくても良い様に、
未然に防ぐ整備というのもあります。
それが以前の「キャリパーの構造を説明したブログ」でご紹介してますので、
こちらもぜひお読みいただけると嬉しいです




///////////////////////////////
ぜひ過去の整備のあれこれもお読みください
第1回 〜発電不良編〜
第2回 〜発電不良編◆
第3回 〜チェーン編〜
第4回 〜スプロケット編〜
第5回 〜ホイールベアリング編〜
第6回〜フラッシング編〜
第7回〜クーラント編〜
第8回〜ディスクローター編〜
第9回〜ブレーキキャリパー編〜
第10回 〜エンジンストール改善 その 
第11回〜エンジンストール改善 その◆
第12回〜エンジンストール改善 その〜
第13回〜キャブレター編〜 
第14回〜セルモーター編〜
第15回〜タイヤ交換〜

番外編〜日常点検〜


まだまだ続きますので今後もお楽しみに〜(*´∇`*)
///////////////////////////////
トッキー

車検_1~1




cm4_02




ds204 at 10:00座間2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事