2018年11月17日

座間2りんかん コンスタントライジングレートスプリングうぅぅぅぅ!!

*:。.2りんかん唯一の1日車検受付店.。:*


こんにちは!
座間PITスタッフの ちゃんおく でふ(*^・ェ・)ノ

今日のカスタムブログはサスペンションのお話をしようと思います


先日、GPZ900のスプリング交換のご依頼をいただきました。
その際に取り付けたのが、ハイパープロのスプリングキット


販売当初から話題になり、
少しずつ取り付けの依頼も増えてきている商品です
オーバーホールついでに交換、なんて方が多いですね。

HP_新~1












どんな特徴があるのか…僕の得意なざっくり説明をすると
「やわらかすぎず硬すぎないから、どのストローク域でもふんばっちゃうぜ!」
ていうスプリングです。

なぜそんなことができるスプリングなのか…
それがこのブログタイトルにある
『コンスタントライジングレートスプリング』だからです。

必殺技みたいで叫びたくなる名前ですね。

詳細図がこちら。アクティブさんのHPに記載されているものを拝借させていただきました。
WS000000















ざっくり言うと、上から下にかけてバネの巻き数を変えているスプリングのことです。

で、通常は上の部分と下の部分の巻き数が2種類だけなのですが、
ハイパープロは巻きの間隔を可動域によって変えています。

上の図の右側の絵がわかりやすいですね。
よくあるスプリングはaとbの間隔しかないのですが、
ハイパープロはabcde…とだんだんと間隔を変えているんです。


これにより、「柔らかすぎず硬すぎない」スプリングができているんですねー。


なんでこんなことするの?とお思いの方にご説明!


巻きが均一だと、サスの初期の入りは程良いけど、
フルブレーキングした時のサスのコシが無い…や、
その逆(初期が柔らかすぎて、フルボトム時が強すぎる)という現象が起きます。


そこで近年のバイクは、上部と下部の巻き幅を変えている車両が増えました。


だがしかーし。
巻き幅が2種類しかない、なんてこともよくあること。
そうなると、サスがストロークした時の中間だけ柔らかい・硬いということが出てきます。


それを改善したのがこのハイパープロのスプリング!
というわけです。


ちなみに。
GPZ900の純正は、巻き均一タイプのスプリングです。
s-IMG_2406













古い車両は均一に巻かれたスプリングを採用していることが多いので
それをハイパープロのものに変えるだけでもだいぶ違います

格段に乗りやすくなる、と好評です

s-IMG_2401

















そしてハイパープロのすごいところはこれだけじゃないんです。

セットでメーカー推奨オイルもついてきて、
しかもその油面などの設定値も車種別でデータがあるというところ。

s-IMG_2402






















説明書の表紙に車種別の推奨データが貼られています。

取説も30ページ越えというこだわり&親切っぷりに惚れてまうやろ。

古い車両に乗っているけれど、足廻りに不安がある方や、
乗り心地をかえてみたいなんて方にはオススメの一品です

オーバーホールなどのメンテナンスついでにいかがですか??

ぜひ座間2りんかんへご依頼下さい





*******************


座間2りんかんでは、2りんかんで唯一!
朝一お預かり、夜お返しの1日車検をおこなっております。

・書類が全て揃っている
・事前に車両チェック&予約を済ませている
・追加作業が少ない


等少し条件がありますので、

「車検も近いし、1回見積りしてほしいなー」という方も、
「まだまだ先だけど…とりあえず予約しておこうかなー」という方も、
「急いでる!できるだけ早く通したい!」という方も、

まずは一度ご相談ください。
皆様のご来店をお待ちしております!
JPG00001 (74)


cm4_02




ds204 at 10:00座間2りんかん  
記事検索
最新記事
店舗別記事