2022年12月13日

茨木2りんかん とある整備士の分解記録簿〜ブレーキスイッチ〜

車検キャンペーン開催中

⇩バナーをポチッとな
syaken-web




こんにちは PIT の T です



さてさて


今回はブレーキスイッチを分解していきますよ〜〜



ブレーキスイッチとは何ぞという方もいるかと思いますが


その名の通り、
ブレーキを握った、踏み込んだを感知するスイッチです

この部品により後ろのランプを点灯させています


不良になると
後ろの車両にブレーキを知らせることが出来なくなりますので


重要な部品なのです





それでは〜〜ご覧ください 




じゃん   
DSCF6134
一般的な形状のものがこちらです
 右の四角いのがフロント用のもの 
 左の長細いのがリア用になります 

皆さんのバイクのレバーとペダルの根本をよ〜く探してみてください



このブレーキスイッチ

    よく壊れます(爆)

正確にはよく接触不良を起こして駄目になります



どうしても、フロント用は防水されてなく、何回もON,OFFを繰り返すので接点が錆たり削れてしまったりしてしまいます

自分は緊急の応急処置でよく分解しています





それでは分解していきましょ〜〜





まずはフロントから
DSCF6140
ここの割れ目からマイナスドライバーを入れてカバーを開けます

カバーは爪で止まっていて、開ける時に割れてしまう事が多いです




中はこんな感じ
DSCF6141
黒いでっぱりがヘコヘコします
ブレーキレバーがこれを押したり離したりしています


それによりドライバーの先の
接点が付いたり離れたりしているのです


ここがよく錆びて接点不良を起こしています





バラすとこんな感じ
DSCF6142
金具の可動部品は細かく作られており精度よく繊細に作られています

今回はあくまで緊急分解しましたが、
           基本的には交換しましょう

それでも自分でも見てみたいって方は・・・Let‘sチャレンジ








次にリアを分解しましょう
DSCF6143
バラしました

爪で止まっているだけなので簡単です




こっちは、ケースに棒が入っていて
それを長細いスプリングで引っ張っぱる構造になります




接点の部分をよ〜〜く見るとこんな感じ
DSCF6144
上下のプレートは車体側の配線で棒に金属が巻き付けています

棒を引っ張る事により上下プレートの接点が繋がり電気が流れる構造になってます

ペダルを離すとスプリングによって
棒が引っ張られていたのが戻ります


接点部分をみてみると
DSCF6146
見えずらくてすいません

こちらも、錆びて削れてしまっています

通常2りんかんではここまで分解して修理は行いません

個人的な分解だとご了承ください






いかがだったでしょうか


このブレーキスイッチの原理は
単純に電気の導通をON,OFFするだけ
のものですが、


作動のさせ方でこうも工夫されているのです



みなさんレバー、ペダルを操作して
テールランプが
    点灯しているか確認されていますか?



ぜひ、ご確認ください





そんな作業できないよって方は

 12ヶ月点検など一緒に他の箇所も点検しながら作業します

 ご相談ください〜

20211223153745


 



それでは〜  また次回〜〜

とあるシリーズブログリンク
とある整備士のMY工具箱    とある整備士のMY工具箱◆
とある整備士のMY工具箱    とある整備士のMY工具箱ぁ
とある整備士の分解記録簿〜ヒューエルポンプ〜    
とある整備士の分解記録簿〜マスターブレーキ〜 


即日車検
2りんかんの民間車検場


キーパーコーティング施工

2りん業界初keeperコーティングは茨木2りんかんへ


やってます ご相談ください

☆☆☆【お問い合わせはこちら】☆☆☆
       茨木2りんかん
    大阪府茨木市新堂2-1-26
      TEL 072-630-0103



アプリ会員募集中

App-PR_A3



ds412 at 17:00茨木2りんかん  
記事検索
最新記事