2024年04月17日

住之江2りんかん 【住之江2りんかん】RMC810その後


PXL_20240409_071613474
スイングアームの裏側からこんにちは。
まいどです:)
住之江店 ホッシーです。


ヒマな日はスイングアームの裏側にワックスがけするような
タイプの男です。私は。

【IRC RMC810インプレ編】

少し前のホッシーの記事で取り上げた
IRCさん唯一のラジアルタイヤのインプレです。
RMC810取り付け編

IRC【RMC810】紹介ページ

PXL_20240404_031530915
最初に結論。
忖度なしに言いますがこちらのタイヤ、控えめに言って大好きです。
「IRC RMC810」はネットには少々情報が少なく、
履くまで若干の不安がありましたが
実際走ってみるとそれらは一気に
フトンが吹っ飛んだ状態です。

まず、履かせたバイク(Z250)をピット外へ
追い出す際の押し引きでビビッときます。
「とても軽い」。タイヤ自体の重量はそんなになのに、
回転抵抗が低いのか…?
ホッシーはあまり褒められたことでは有りませんが
タイヤの皮むき中は空気圧を1割落とします。
それでも軽い。
最初はピットのエアゲージの故障を疑ったほどに。

そして実走行。
想像できるのはタイヤのプロファイルから
イメージしてしまう、寝かし込みのダルさ。
ハイグリップタイヤ全般とは言いませんが
RMC810の前タイヤは某メーカーのアグレッシブな
スポーツタイヤでしたので、クイックさは折り紙つきでした。

しかしその悪いイメージはいい意味で裏切られます。
ヒラッヒラ倒れます。
「すり抜け」なんて危ないことしませんが、
パイロンでも立ててもらえば
ちょっと頑張っちゃおうか?と思えるほどに。

接地感もまずまずで、ロードノイズも
同社バイアスタイヤと比較して静かに感じます。
(もちろんスポーツタイヤに比べグルーブが深く多いので
 ゴーゴーとは鳴ります。)


あとなによりクリビツテンギョーイタオドロなのが
ショック吸収の良さ。
「マイルドツーリングラジアル」とはよくいったもんです。
これは某ネット記事でも取り上げられていましたが、
「提灯記事だろう」と鵜呑みにはせず、
クレバーに感触を確かめよう…と考えていましたが
ワンランク上のサスに付け替えたと思ってしまうぐらい、
路面のギャップをキレイにいなします。
ひどめのギャップを拾ってしまっても
イヤな挙動もオツリもなくコーナーを抜けられます。
ケース剛性がいたずらに高いレーシーなタイヤほど
ストリートでの外乱には弱い事をと改めて実感します。
キレイに整備されたトラックでこそ
レーシーなタイヤは本領を発揮しますからね。
餅は餅屋、街中はツーリングタイヤ。


昨今のクオータークラスはブリヂストンS22だとか、
ダンロップGPR-300だとかを純正で履いていたりして、
「おお〜純正でラジアルか!しかも国内モノ!」と
なかなかカルチャーショックを受ける日々ですが、
それがIRC RMC810に置き換わって新車価格が下がるなら
ホッシーは全然歓迎したいと思えるタイヤです。

欲を言うなら、大型バイクサイズのRMC810には
採用されている「シリカ」を、
クオータークラスで、選択制でもいいので
採用してくれたらもっと嬉しいなあという所。
発熱しにくいことはないんですが、
シリカ配合タイヤの温まりの良さを知っていると
やはり恋しくなる。隣の芝は〜というやつですね。


レインコンディションの走り心地ですが、
4月上旬の大雨のタイミングで実際走る事ができました。
堺大浜の高架を毎日走るんですが、
雨の日は街灯に照らされギラギラ光るメタル材質の継ぎ目に
恐怖を感じる方も多いですよね。
「堺大浜!あ〜〜!大雨の時小川が流れてる所ね!」
と手を叩いている方もおられるでしょう。

あそこで意図的に感覚で25°ほど寝かせて
通過してみましたが不安感はないです。
もちろんズビッ!!と滑ります。流れます。
しかし立て直しがイージー。
さすがツーリングタイヤだ…とニヤついてしまうほど。

トータルパフォーマンスが非常に高く、
しかしながら価格はお手頃。
峠でタイヤ溶かしちゃう人にはオススメしづらいけど、
ツーリングで峠も通るんだよな・・・という人には
ベストチョイスだと思えるタイヤ。
もちろん、僕みたいな”ツーキング”ライダーには
ピッタシな【IRC RMC810】、
今度のタイヤ交換に選んでみてはいかがでしょう。

ENJOY:)


東京海上日動の保険です



ds408 at 21:53住之江2りんかん  
記事検索
最新記事